ソフトバンクモバイル、スマート体組成計を2月14日発売、「バンバンのりかえ割」「ホワイト学割 with 家族 2014」の特典に追加

2014.2.12 19:36配信
スマート体組成計 SoftBank 301SI

ソフトバンクモバイルは、スマートフォン向け健康管理サービス「SoftBank HealthCare」に対応した体組成計「スマート体組成計 SoftBank 301SI」を2月14日に発売する。

「スマート体組成計 SoftBank 301SI」は、3G通信機能(2.1GHz)を搭載したセイコーインスツル製の体組成計。乗るだけで九つの測定データ(体重、体脂肪率、BMI、基礎代謝、内臓脂肪レベル、身体年齢、骨レベル、骨格筋レベル、水分量)をクラウド上に自動送信し、手持ちのスマートフォンの「SoftBank HealthCare」アプリで閲覧・管理できる。スマート体組成計1台あたりの最大登録人数は4人。

パソコンやスマートフォンのブラウザからも測定データを閲覧・管理でき、あらかじめ登録した指定の携帯電話に体重、体脂肪率の測定結果をSMSで送信することもできる。サイズは幅290.0×高さ27.3×奥行き220.0mmで、重さは1.4kg。電源はACアダプタ式(microUSB)。カラーはホワイト。

機種代金は、一括払いの場合は1万4160円(税抜き、以下同じ)、分割払いの場合は590円×24か月。2年単位で契約する「スマート体組成計専用2年契約」加入時の基本使用料(スマート体組成計専用プラン)は月額590円だが、2年間、基本使用料が無料になる「スマート体組成計基本料無料プログラム」や、「スマート体組成計」とワイヤレス活動量計「Fitbit Flex」をセットで契約すると、通常より110円安い月額980円で利用できる「ヘルスケアお得パック」を提供する。また、スマートフォン向け健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を最大4人で利用できる家族向けオプション「データ永年保管」(月額200円)を提供する。

発売にあわせて、2月14日に現在実施中のキャンペーン「バンバンのりかえ割」と「ホワイト学割 with 家族 2014」(学生本人またはMNPを利用した家族)の選べる特典として、「『ヘルスケアお得パック』2年間実質無料」を追加する。「ヘルスケアお得パック」の2年間実質無料に加え、「バンバンのりかえ割」は3か月間、「ホワイト学割 with 家族 2014」は1年間、「ホワイトプラン」の月額基本使用料も無料になる。各キャンペーンの詳細は、2月14日にウェブサイトに掲載する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング