オリンパス、「Tough」シリーズ初のチルト液晶搭載「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」など

2014.2.13 12:55配信
OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

オリンパスイメージングは、防水・防塵、耐衝撃、耐低温、耐荷重のタフ性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「Tough」シリーズの新製品として、シリーズ初のチルト液晶を搭載した「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」を3月下旬に、GPSと電子コンパスを備えた「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」を2月28日に発売する。

防水シーリング構造による水深10mの防水性能、ショック吸収機構や衝撃吸収部材の搭載、2重構造きょう体の採用による高さ2.1mからの耐衝撃性能、最大100kgfの荷重に耐える堅牢性、さらにマイナス10°Cまで耐えるタフ性能を実現。砂やホコリからカメラを守る防塵設計で、水中から雪山、岩場など、過酷な環境で真価を発揮する。

裏面照射型CMOSセンサとミラーレス一眼「OM-D E-M1」に搭載しているデジタル一眼用の画像処理エンジン「TruePic VII」を組み合わせた「iHSテクノロジー」で、高い解像度と良好な色再現を実現した。

「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」は、焦点距離3.74~18.7mm(35mmフィルム換算で21~105mm相当)の光学5倍ズームレンズと有効画素数1600万画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載。180°可動するチルト液晶で、ローアングルから自分撮りまで、さまざまな撮影に対応する。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは37MB。サイズは幅109.9×高さ64.1×奥行き27.6mmで、重さは218g。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」は、焦点距離5.0~25.0mm(35mmフィルム換算で28~140mm相当)の光学5倍ズームレンズと有効画素数1600万画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載する。

撮影した場所の位置情報を記録するGPSと電子コンパスを備え、GPS機能をオンにして撮影するだけで、液晶モニタにランドマークを表示。一定間隔で取得した測位情報をSDカードに記録する「GPSロガー」機能や、衛星からの位置情報の取得時間を大幅に短縮する「アシストGPS」機能を搭載している。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは39MB。サイズは幅109.5×高さ66.5×奥行き28.4mmで、重さは214g。カラーは、ブルー、シルバーの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万円台前半の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング