ソニー、世界最速0.06秒AFの小型・軽量ミラーレス一眼カメラ「α6000」

2014.2.13 15:2配信
α6000

ソニーは、高速画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」を搭載し、世界最速0.06秒の高速オートフォーカス(AF)を実現したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6000」を3月14日に発売する。

重さ約285gの小型・軽量ボディのミラーレス一眼カメラ。使用レンズは、ソニーEマウントレンズ。感度特性が向上した新開発の有効約2430万画素のAPS-Cイメージセンサ「Exmor(エクスモア)APS HD CMOSセンサー」や、従来比約3倍に処理速度が向上した画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載し、高い解像力とすぐれた質感描写力をもつ。イメージセンサと画像処理エンジンを刷新することで、これまでのファストハイブリッドAFがさらに高速・高精度に進化し、APS-Cセンサ搭載レンズ交換式デジタル一眼カメラとしては世界最速となる0.06秒の高速AF、画面のほぼ全域をカバーする179点全面位相差AFセンサによる静止画・動画撮影時の高い追従性、AF追従11コマ/秒連写を実現した。

見やすく広視野角の「有機EL OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」やモードダイヤル、コントロールダイヤルを搭載し、α Eマウントの最上位機種「α7/α7R」でも使用している「Fn(ファンクション)メニューカスタム設定」を採用するなど、すばやく直感的に操作できる。ポップアップ方式のフラッシュを内蔵し、マイクやライトなど、さまざまなカメラ用システムアクセサリを装着できる「マルチインターフェースシュー」を備える。

また、スマートフォンなどのモバイル機器と簡単に連携できるWi-Fi機能やNFC(近距離無線通信)を搭載し、購入後、カメラの撮影機能を追加できるアプリケーションダウンロードサービス「PlayMemories Camera Apps」にも対応する。サイズは、幅129.0×高さ66.9×奥行き45.1mm、重さはボディ単体で約285g、バッテリ・メモリースティック デュオ込みで約344g。カラーは、ブラックとシルバーの2色。

価格はオープン。実勢価格は、ボディ単体(ILCE-6000)が6万8000円前後、ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が付属する「α6000」パワーズームレンズキット(ILCE-6000L)が8万3000円前後、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」と望遠ズームレンズ「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」が付属する「α6000」ダブルズームレンズキット(ILCE-6000Y)が10万8000円前後の見込み。

3月14日~5月31日のキャンペーン期間中に、製品登録のうえ応募した先着2000人に、もれなくオリジナルのカメラクリーニングキット(ブロワ、ブラシ、クリーニングクロス、クリーニング液、ポーチ)をプレゼントする「カメラクリーニングキットプレゼントキャンペーン」を実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング