2009年8月にディズニー傘下となったマーベル。

従来のディズニーの印象にはないSFヒーロー映画シリーズにもかかわらず、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にドハマりするディズニーファンが、後を絶ちません。

なぜ?

「スター・ウォーズ」シリーズすら越えるMCU10年間の集大成、全世界待望の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開(2018年4月27日)を機に、ディズニーマニアのライター陣に寄稿を依頼。

アンパンマンすら「殴るから」という理由で見なかったという、林田周也さんのケースを紹介。

ディズニーアニメ一筋の幼少期

物心ついた時からのディズニー好きで、見るのもディズニーアニメ一筋、主に「新くまのプーさん」と「ディズニーと歌おう」という幼少期を過ごしていました。

周りがみんな見ているウルトラマンにもレンジャーものにも全く興味がなく、幼稚園で話題についていけませんでしたが、特に気にすることなく過ごしていました。

ヒーローに全く触れず、アンパンマンすら「殴るから」という理由で見なかったという子供が、なぜ今アベンジャーズを楽しみに待っているのでしょうか。

意外と痛そうじゃなかった『アベンジャーズ』

戦いものを全く見ずに育っているため、基本的に戦闘シーンが苦手です。

痛そうなシーンは「痛そう…」という気持ちが強くて心が作品から離れてしまいます。

グロ系も一切NGで血が見られません。痛そうだし。

マーベル映画を観るようになった今でも『ドクター・ストレンジ』の手術シーンなどは目をつぶっています。

そんなわけで、最近までヒーローものは見ず、スパイダーマン(サム・ライミ版)とかはテレビでちょっと見たことあるかな、くらいでした。

しかしディズニーがマーベルを買収。

フィニアスとファーブもマーベルとコラボ(「フィニアスとファーブ/マーベル・ヒーロー大作戦」)する計画だと聞き、これは遅かれ早かれマーベルに触れないといけなくなるな…と思いちょっと調べ始めました。

すると、『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のポストクレジットで「アベンジャーズ計画」が少しずつ動いており、それが『アベンジャーズ』で結集するといいます。

単独映画に伏線があって、それが集合した総決戦の映画になるのか、なんか面白そうだな。

というわけで、痛いシーンは飛ばせばいいとDVDを借りて観ました。

『アベンジャーズ』はヒーローが大集合し、宇宙からきた大量の軍隊と戦うお話。

強すぎるし、ヒーローも敵も数が多すぎるし、1対1で殴り合っている時間はありません。

「ドーン、バーン」って感じの戦いですし、そもそもアベンジャーズが集まるまでの話が長いので、戦い自体もそこまで長くありません。

「意外とヒーローものも観られるな! 」という感想でした。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます