銀杏BOYZ峯田、弾き語りで4曲を熱唱!

2014.2.14 10:30配信
峯田和伸 峯田和伸

銀杏BOYZボーカルの峯田和伸を迎えたイベント『GING NANG URBAN TALK LIVE TOKYO』が、ぴあとKDDIによるエンタメサイト『up!!!』の主催により2月12日、東京・新宿バルト9で開催された。同イベントでは今年の1月に銀杏BOYZの9年ぶりとなるアルバム2作品のリリースに合わせて製作されたMVの上映と、トークライブが行われた。

2005年にアルバムを2枚同時リリースして以降、シングルのリリースや不定期なライブ活動はありながら、次第にファンの前に姿を現す機会も少なくなり、製作に没頭してきた銀杏BOYZ。その壮絶な創作活動を経て、昨年末には峯田以外のメンバー全員が脱退を発表。峯田は今後どこへ向かうのか。この日集った約400人のファンの胸中にも、さまざまな想いが渦巻いていたはずだ。

イベントは、『BEACH』に収録されている『東京終曲』のMV上映からスタート。約43分という長さの映像作品に描かれるのは、強烈なノイズから微かに聞こえるメロディに、破滅へと向かう男女の姿を重ねた退廃的なラブストーリー。続いて上映されたのは、『光のなかに立っていてね』に収録されている『ぽあだむ』のMV。長澤まさみも出演している本作は、ポップなナンバーにのせて、実に1283人もの女の子たちが投げキッスするというキュートな作品だ。

2作品の上映が終わると、いよいよ壇上に峯田が登場。自身が監督・脚本・主演を務めた『東京終曲』について、脳裏に浮かんだ衝撃的なふたつのシーンからストーリーを紡ぎ、脚本に仕上げていったという創作秘話を明かした。次に話が『ぽあだむ』に及ぶと、このMV製作を指揮し、昨年末に脱退を発表したドラムの村井守がサプライズで登場。同作をスクリーンで観た感想を聞かれると、「気持ちよかった。協力してくれた全員に感謝したい」と感慨深げな様子だった。

続いて行われた質疑応答のコーナーで、ファンから真っ先に質問されたのは、やはり今後の活動について。峯田は「ソロではなく、やっぱりロックバンドをやりたい。これからメンバーを募集するつもり」と、第2期銀杏BOYZ始動に向けてスタートを切ることを宣言。村井からは「ずっと背中を見てきたから、これからも応援するし、追いかけていきたい」と、真っ直ぐなエールが贈られた。

またトークライブの中では、今年の6月に発売予定のDVDに同封するブックレットに掲載される、ファンから銀杏BOYZへのコメントを峯田が読み上げる場面もあった。コメントは2月いっぱいまで募集しているそうなので、詳しくは公式サイトでご確認を。

イベントの終盤には、峯田による弾き語りが披露された。2011年に東北ツアーを行った銀杏BOYZだが、峯田が東京のファンの前で歌うのは実に4年ぶり。アコギを手にした峯田は『人間』ほか4曲を披露。歌い終えた峯田は「4年も歌わない間に僕にもいろいろなことがあった。でも、こんなふうにまた人前で歌えることが本当に幸せ」と語り、イベントは幕を閉じた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング