ディープコアとNVIDIAが協業

ディープコアと米NVIDIAは4月23日、若手AI起業家の育成に向けた協業を発表した。ディープコアがインキュベーションの拠点となるコミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL」を今後オープンし、そのメンバーがNVIDIAのAIインフラ活用、トレーニング、コンサルティング、起業支援を含む包括的なサポートを受けることができる。なお、ディープコアはソフトバンクグループ100%出資のAI特化型インキュベーター。

AIコンピューティングプラットフォームであるNVIDIAのGPUをKERNELに導入することに加えて、クラウドベースのプラットフォーム「NVIDIA GPU Cloud(NGC)」の活用を通じてKERNELメンバーの研究開発やプロジェクトの社会実装を支える。NGCには、ディープラーニングに最適化された包括的なソフトウェア コンテナーが含まれており、利用者はクラウド経由でKERNELの外からも気軽にGPUコンピューティングリソースにアクセスすることができる。このほか、KERNELメンバーはオンデマンドのトレーニング講座を活用できたり、NVIDIAやパートナー企業の認定専門インストラクターによるハンズオンのワークショップも受けたりできる。NVIDIAが提供するハードウェアの割引販売や技術支援も行う。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます