NEC、音声対話アプリケーション「アシストVoice」を発売、会話から最適なウェブ検索結果を提案

2014.2.17 16:10配信
「アシストVoice」の検索開始画面(左)と検索結果表示画面(イメージ)

NECパーソナルコンピュータは、2月14日、ユーザーとの会話機能や文脈把握技術によって、ユーザーに適したウェブ検索結果を提案するWindows 8.1対応の音声対話アプリケーション「アシストVoice」を、オンラインショップのベクターで発売した。価格は1980円。

PC画面内に登場するアシスタントキャラクター「パイロ」が、ユーザーに積極的に質問することで、ユーザーの意図をくみ取り、ユーザーが情報を絞り込んでいく作業をアシストする。

該当する情報が見つからない場合は、会話によってユーザーに条件範囲を広げるよう促し、キーワード検索のコツがわからない、どの情報サイトを検索すればよいかわからないなど、PC操作に不慣れなユーザーでも簡単に目的の情報にアクセスできる。

自然言語理解技術によって、自然な会話文での対話ができる。会話の途中に検索目的が変わった場合でも、文脈から必要な情報を判断して柔軟に検索をアシストする。

「パイロ」の声には、高品質音声合成エンジンを使用したコーパスベースの音声合成方式を採用。より人間らしく自然な音声で、PCとの会話を楽しみながら情報を検索できる。

対応機種は、Windows 8.1を搭載した「LaVie L/S/Zシリーズ」「LaVie Tab Wシリーズ」「VALUESTAR Nシリーズ」。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング