主演の長瀬智也

 映画『空飛ぶタイヤ』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、中村蒼、浅利陽介と本木克英監督が登壇した。

 本作は、池井戸潤氏によるベストセラー小説を映画化。ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬)は、車両の欠陥に気づき、製造元であるホープ自動車に再調査を要求する。

 イベントでは、本作の内容にちなみ、キャスト陣に「自分が守りたいものは?」という質問が。「やっぱり愛する人じゃないですかね」と答えた長瀬は、観客がざわつく中、「いれば…」と付け足してニヤリ。司会者から「TOKIOのメンバーでは?」と問われると、「なんか男を愛するのも気持ち悪いし」と渋い表情を浮かべた。

 さらに「寺脇さんを守りたい」と続けた長瀬。寺脇が「俺を守ってくれるの?なんで?」と驚くと、長瀬は「本当に昔からお世話になっている。役者の世界でも、こんなに年齢が離れたら、なかなかコミュニケーションを取りづらいけど、寺脇さんはいつも自分の方から話し掛けてくれる。大人になってからもその有り難みを感じています」としみじみ語った。

 長瀬から「長生きしてください」と呼び掛けられた寺脇は、「わし、おじいちゃんじゃないんだから」と苦笑した。

 続くディーンは「家族、子どもたちです」と回答。「もし何かあったときは、自分が頑張らなければ、(他に)誰が彼らを導いていけるのか…みたいなことは考えます」と神妙に語ると、長瀬は「リアルな答え。本当は俺もそれを言いたかった」とうらやましそうだった。

 高橋は「想像力」を挙げた。「やはり人を思いやるというのには想像力が不可欠なんじゃないかと。自分がどう思うかよりも“これを言ったら相手がどう感じるか”ということは、相手の立場に立ってなるべく想像するようにしたいです」と真剣に語った。

 一方、小池は「それはもちろん今やらせていただいている番組のポジションです。真面目に死守したい。常にそういう気持ちでお仕事をさせていただいています」とハングリー精神にあふれた答えで、会場を盛り上げた。

 映画は6月15日から全国公開。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます