◆ここから、エンターテインメント編です

11. 乳児でも楽しめるアトラクション

キャラバンカルーセル。親子で一緒に乗れる ©︎Disney

身長制限がなく、“だっこ” や膝上等でも楽しめる主なアトラクションを紹介します。

  • ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
  • フォートレス・エクスプロレーション
  • ヴェネツィアン・ゴンドラ
  • タートルトーク
  • ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
  • ビッグシティ・ヴィークル
  • アリエルのプレイグラウンド
  • マーメイドラグーンシアター(キング・トリトンのコンサート)
  • キャラバンカルーセル
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • マジックランプシアター

季節が良ければ、「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」や「ヴェネツィアン・ゴンドラ」がおすすめ。

東京ディズニーシーは風景が素敵ですからね。

気持ちいいですよ。

 

12. 補助なしで座れるようになると楽しめるアトラクション

ジャスミンのフライングカーペット ©︎Disney

次の5つのアトラクションは、補助せずとも一人で座ることさえできれば、年齢や身長に関係なく楽しめます。

  • トイ・ストーリー・マニア!
  • アクアトピア
  • ジャスミンのフライングカーペット
  • ジャンピン・ジェリーフィッシュ
  • スカットルのスクーター

ただし、意外に激しく動くアトラクションのもあるので、様子を見ながら挑戦してください。

また、「トイ・ストーリー・マニア!」は3D眼鏡着用となります。子どもが小さいうちは、めがねをずっと着けていることができないケースも。

オープン以来ずっと大人気で、未だに待ち時間が長くなるアトラクションですので、乗るかどうかは考えどころ。あまり小さいうちは、他のアトラクションを満喫するのも一つの方法です。

 

13. 身長90cm以上で楽しめるアトラクション

フランダーのフライングフィッシュコースター ©︎Disney

身長が90cmを越えると楽しめるようになるアトラクションは、3歳児・4歳児が喜ぶミニ・コースター「フランダーのフライングフィッシュコースター」と、2017年5月12日にオープンした「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

どちらも、待ち時間が長くなりにくい傾向もあり、おすすめです。

14. 身長102cm以上で楽しめるアトラクション

タワー・オブ・テラー ©︎Disney

身長が102cmを越えると楽しめるようになるアトラクションは、「タワー・オブ・テラー」。

意外と早く乗れるようになりますが、東京ディズニーリゾートで1、2を争うホラー&絶叫系アトラクションなので、要注意。

 

15. 身長117cmで全アトラクションに乗れる

身長が117cmを越えると、東京ディズニーシーのすべてのアトラクションを利用できるようになります。

  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • センター・オブ・ジ・アース

どれもスリリングな絶叫系アトラクションばかりですね。

 

16. トリトンズ・キングダムを拠点に

トリトンズ・キングダム内。全天候型なので、拠点にするといい ©︎Disney

悪天候時や、真夏の炎天下、真冬の木枯らしほか、こどもが疲れてしまったときに覚えておきたいのが、マーメイドラグーンの室内エリア「トリトンズ・キングダム」です。

「ブローフィッシュ・バルーンレース」「ワールプール」など、3歳未満でも楽しめるアトラクションが豊富。

「アリエルのプレイグラウンド」では、こどもがのびのび遊べます。

さらにレストラン「セバスチャンのカリプソキッチン」は、ピザやハンバーガーなど、こども向けメニューが中心。

こどもの年齢によっては、拠点にすると、何かと便利です。

 

17. 並ぶのに疲れたらフォートレス・エクスプロレーション

フォートレス・エクスプロレーション ©︎Disney

こどもに1時間以上の待ち時間は厳しい……そんな混雑時におすすめなのが、「フォートレス・エクスプロレーション」。

大航海時代の要塞や、ガレオン船の中を自由に探検できるアトラクションで、のびのび遊べます。

“ザ・レオナルドチャレンジ”という謎解きプログラムもあります。

 

18. 移動に電車や船を活用し、計画的に行動

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ。移動にうまく活用したい ©︎Disney

東京ディズニーシーは、独特の形状のおかげで、移動が負担になりがちです。

闇雲に歩き回っていると、すぐにヘトヘトになってしまいます。

移動に「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」や「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」を使えば、アトラクションも楽しめて、疲労対策にもなり、一石二鳥。

多少面倒でも、あらかじめ計画を立ててから行動するのをおすすめします。

 

19. ホライズンベイ・レストランでミッキーと写真撮影

ホライズンベイ・レストラン ©︎Disney

東京ディズニーシーで、ミッキーマウスと確実に写真を撮る方法は、3つあります。

  1. ディズニーシープラザ(エントランス)で並ぶ
  2. ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル
  3. ホライズンベイ・レストランで食事をする

乳幼児と一緒のときにおすすめなのは、「ホライズンベイ・レストラン」です。

ミニーとプルートも含めて、食事のテーブルまで来てくれます。

「ホライズンベイ・レストラン」のディズニーキャラクターダイニングは、プライオリティ・シーティングの事前予約が必須です。

 

20. 断然おすすめ新ショー!「ハロー、ニューヨーク!」

「ハロー、ニューヨーク!」©Disney(撮影 / YOSHI)

豪華客船S.S.コロンビア号の前「ドックサイドステージ」では、2018年7月10日(火)から、新しいレギュラーショー「ハロー、ニューヨーク! 」が公演されています。

素敵な音楽とダンス、アクロバットが見どころであるほか、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、プルート、グーフィー、チップ、デールとたくさんのキャラクターが登場し、満足度は120%。

終盤には、ミッキーほかディズニーの仲間たちが、客席まで降りてきてくれて、運が良ければタッチもできるかも!

 

21. ガイドツアーも4歳未満無料

東京ディズニーシー・ガイドツアー「ようこそ!冒険とイマジネーションの海へ」は、東京ディズニーシーのトリビアを教えてもらったり、園内をゆっくりお散歩して、新たな魅力を発見できたりするプログラムです。

料金は4歳〜小学生以下1,000円、中学生以上(大人含む)2,500円となっており、パークのパスポートと同様に、4歳未満は無料です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます