◆ここから、レストラン編です

 

22. プライオリティ・シーティング対象レストラン

S.S.コロンビア・ダイニングルーム ©︎Disney

ベビーカーを押しながら席を探したり、グズるこどもと一緒に30分以上も並んだりするのは、けっこう大変です。

混雑が見込まれる場合には、プライオリティ・シーティングでレストランの座席を確保しておくのがおすすめ。

対象レストランは以下の5つです。

  • マゼランズ
  • リストランテ・ディ・カナレット
  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム
  • レストラン櫻
  • ホライズンベイ・レストラン(キャラクターダイニングのみ)

あくまでも個人的な感想ですが、こどもと一緒に気軽に入りやすいのは、「レストラン櫻」と「ホライズンベイ・レストラン」です。

入るまでに階段がなく、店内もスペースに余裕があるので、ベビーカーでもストレスがありません。

「マゼランズ」と「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」は、高級感、スペシャル感があるので、記念日におすすめです。

※プライオリティ・シーティング対象レストランだった「セイリングデイ・ブッフェ」は、2018年3月31日でクローズとなりました。2018年8月20日から、カウンターサービスの「ドックサイドダイナー」として営業されています

 

23. こども向けメニューがあるレストラン

ホライズンベイ・レストランのお子様セット ©︎Disney

いわゆるお子様ランチのような、こども向けメニューがあるレストランは、前記のプライオリティ・シーティング対象レストランのほか、4か所あります。

  • カフェ・ポルトフィーノ
  • ホライズンベイ・レストラン(ディズニーキャラクターダイニングでない)
  • ユカタン・ベースキャンプ・グリル
  • ヴォルケイニア・レストラン

「カフェ・ポルトフィーノ」ではミートボールやチキンライス、「ホライズンベイ・レストラン」ではパスタやハンバーグ、「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」ではハンバーグやエビフライ、「ヴォルケイニア・レストラン」ではチャーハンなど中華が食べられます。

 

24. ダッフィーのショーが見られるレストラン

マイ・フレンド・ダッフィー ©︎Disney

アメリカンウォーターフロントのレストラン「ケープコッド・クックオフ」では、ダッフィーのショー「マイ・フレンド・ダッフィー」が公演されています。

食事をしながら観られるので、ダッフィー好きなこどもに、おすすめです。

25. 気軽に使いやすいレストラン

ニューヨーク・デリ ©︎Disney

「ニューヨーク・デリ」は、エントランスからも近いうえ、人気アトラクションも多いアメリカンウォーターフロントにあり、利用しやすいレストランです。

ただ、利用しやすい分、時間帯によっては、混雑しやすいのが難点。

もう一つおすすめなのが、メディテーレニアンハーバーにある「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」。

こちらは、周囲に人気アトラクションがない影響か、混雑しにくい傾向があるようです。

座席に余裕があり、ベビーセンターもわりと近く、休憩に便利です。

 

26. ミラコスタのレストランも使える

ベッラヴィスタ・ラウンジ ©︎Disney

東京ディズニーシー内にあるホテルミラコスタには、「オチェーアノ」「シルクロードガーデン」「ベッラヴィスタ・ラウンジ」の3つのレストランがあります。

東京ディズニーシー内から直接行き来でき、宿泊はせずに、レストランだけ利用することもできます。

3つともお子様メニューがあり、プライオリティ・シーティングも利用できます。

たとえパーク内が大混雑でも、ホテル内はゆったりしているので、こどもの負担を軽くでき、おすすめです。

 

以上、こどもと一緒に東京ディズニーシーに行くときに、ぜひとも知っておきたい情報を紹介しました。

なお、混雑対策全般については、「保存版! 知っていると絶対有利な「東京ディズニーシー」“混雑対策”32」にまとめてあります。

春休み、GW、お盆、秋冬シーズンなど、混雑が見込まれる場合は、あわせて参考にしてください。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます