ソニー、ハイビット撮影に対応したアクションカム「HDR-AS100V」、5台同時操作を実現

2014.2.20 19:4配信
HDR-AS100V

ソニーは、からだや自転車などに取りつけて、アクティブなスポーツシーンやアウトドアでもブレを抑えた迫力ある体感映像を撮影できるデジタルビデオカメラ「アクションカム」の新製品として、高画質撮影に対応した上位機種「HDR-AS100V」を3月14日に発売する。

高速処理や高画質を実現する画像処理エンジン「BIONZ X」と超広角170°の新開発のレンズ「ZEISSテッサー」、有効画素数約1350万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサ「Exmor R」を搭載。4K/HDフォーマットXAVCを民生用途に拡張したHD 50Mbpsのハイビットレート撮影ができる記録方式XAVC Sに対応し、細かな動きのあるシーンを高画質で撮影できる。

電子式手ブレ補正機能は、ブレを抑制する領域を広げることで、歩行時に発生しやすい大きなブレだけでなく、これまで効果の得られにくかった自転車やバイクの走行時に生じる小刻みな振動による細かなブレを補正。補正効果は、前機種「HDR-AS30V」の約2.5倍に向上した。

ライブビューリモコン「RM-LVR1」と組み合わせれば、最大5台までのカメラの同時操作や画角確認ができ、複数の場所にカメラを設置して異なる視点で同時に撮影できる。1台のライブビューリモコンから、複数台のカメラの同時撮影スタート/ストップやリモコン画面で個々のカメラの画角確認ができ、個々のカメラの動画/静止画モードや接続/非接続ステータスの確認にも対応する。

IPX4相当の防滴性能を備え、雨天や水しぶきのかかる状況でも、ウォータープルーフケースを装着せずに使用できる。また、さまざまなアクセサリを取りつけることができる三脚アダプタが付属する。

撮影は、毎秒120pまたは240pで映像を記録できるハイスピード撮影に対応し、滑らかなスロー映像の撮影ができる。同時に音も記録できるので、PC用の写真・動画管理ソフト「PlayMemories Home」を使って、等速撮影とスロー再生を交えた映像もつくることができる。

カラー設定には自然な色合いの「ニュートラル」を追加し、撮影時の時間経過にしたがって時・分・秒・フレームの情報を映像データに記録するタイムコードに対応。日付や時間、シーン番号など任意の情報をユーザービットに記録できる「ユーザービット」など、高度な編集に対応するプロ向けの機能を搭載する。また、無線LANとNFC(近距離無線通信)に対応する。

対応メディアは、XAVC S記録の場合がClass10のmicroSDXCカード、MP4記録の場合はClass4以上のmicroSDXC/microSDHC/microSDカード、メモリースティックマイクロ(MARK2)。インターフェースは、HDMIマイクロ出力、マルチ/マイクロUSB、ステレオミニジャックを備える。連続撮影時間は約2時間20分で、充電池の充電時間は約4時間5分。サイズは幅24.2×高さ46.5×奥行き81.5mmで、重さは約92g。

価格はオープン。実勢価格は、「HDR-AS100V」単体が3万3000円前後、ライブビューリモコン「RM-LVR1」をセットにした「HDR-AS100VR」が4万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング