KDDI、狭額縁スタイルの7インチタブレット「AQUOS PAD SHT22」

2014.2.21 12:59配信
AQUOS PAD SHT22

KDDIと沖縄セルラーは、LTEサービス「4G LTE」や、高画質のフルセグ(地上デジタル放送)の視聴/録画に対応するシャープ製7インチタブレット「AQUOS PAD SHT22」を、2月26日に発売する。

約7インチWUXGA(1920×1200)のIGZO液晶ディスプレイ、2.2GHzクアッドコアCPU、F1.9の明るいレンズを採用した有効1310万画素カメラを搭載。高精細で省エネ性能にすぐれたIGZO、4080Ahの大容量バッテリ、バッテリの消費に関する項目を一括で設定できる「エコ技」機能を組み合わせて、長時間使用できるスタミナ性能を実現した。

ディスプレイ面の3辺の縁を細くした狭額縁スタイル「EDGEST(エッジスト)」を採用。大画面と軽量・コンパクトを両立した。IPX5/IPX7の防水、おサイフケータイ、フルセグ、ワンセグなどに対応する。OSはAndroid 4.2。対応するauスマートフォン間でデータ連携が簡単にできるアプリ「Passtock(パストック)」や、画像編集アプリ「Papelook(パペルック)」、フォトブックを簡単に作成できるアプリ「TOLOT」をプリインストールする。サイズは幅104.0×高さ173.0×奥行き9.9mm(最厚部約10.8mm)で、重さは約263g。カラーはホワイト。

au公式アクセサリ「au +1 collection」からは、ブックタイプケースや液晶保護フィルムを発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング