ナカバヤシ、空中に立体アートを描く米Wobbles Worksの3Dプリントペン「3Doodler」を日本独占販売

2014.2.21 15:33配信
3Doodler

ナカバヤシは、米Wobbles Worksが開発した3Dプリントペン「3Doodler」の日本での独占販売契約を締結した。4月上旬に発売する。税別価格は、ペンが1万6000円、専用プラスチックフィラメントが1500円。

文字や絵を描くような感覚で、自由に立体アートを制作できる3Dプリントペン。クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で約2億4000万円の資金を集め、2013年に米Wobbles Worksが開発した。

専用プラスチックフィラメント(PLA/ABS樹脂製)を本体に差し込んで電源を入れるだけで、熱によって溶けた樹脂がペン先から押し出され、空中に線を描くようにペン先を動かして思いのままの立体アートをつくることができる。溶けた樹脂は適温で冷えて固まるので、さまざまな色を使用した鮮やかな作品を短時間で制作できる。一般的な3Dプリンタで用いる立体データや特殊なソフトはいらない。

サイズは直径37×長さ187mmで、重さは130g。ペン本体には専用プラスチックフィラメント50本(PLA樹脂×25本、ABS樹脂×25本)が付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング