「Google Wifi」は単体と3台パックを販売

Googleは4月25日、「Google Wifi」の国内販売を開始すると発表した。税別価格は単体で1万5000円、3台パックは3万9000円。4月26日に発売する。

ユーザーが設定しなくても最適なチャネルと最速の帯域幅を自動選択する「Network Assist」を搭載するのが特徴。複数人で使用しても常にベストな状態でネットワークに接続できる。

また、複数台の「Google Wifi」を連携してネットワークエリアを拡大することが可能。移動によってつながりやすい機器が変わった場合は、自動で切り替えることもできる。ネットワーク上の端末の優先度を設定して通信速度を上げたり、深夜の通信を一時的に遮断したりする機能を備えた、専用アプリを用意する。

ハードウェア プロダクトマネージャーのアレックス・キング氏は「既存のWi-Fiルータは家のどこにいてもネットワークに接続する必要があるのに、部屋の見えない場所にひっそりと隠すように置いてあった。『Google Wifi』は部屋の中心に置けるように設計も工夫している」とデザインのこだわりについてコメントした。

競合がひしめく日本市場だが、フレンドリーなデザインやアプリで現在のWi-Fiルータに対する不満を解消することで、シェアの獲得を目指す。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます