『恋するブロードウェイ♪』稽古場をレポート!

2014.2.21 17:15配信
前列左から小野田龍之介、太田基裕、大山真志、海宝直人、後列左から内藤大希、西川大貴、味方良介、菅俣翔、法月康平 前列左から小野田龍之介、太田基裕、大山真志、海宝直人、後列左から内藤大希、西川大貴、味方良介、菅俣翔、法月康平

次世代のミュージカルスターをめざす若者たちが、珠玉のミュージカル・ナンバーを披露する人気シリーズ第3弾『恋するブロードウェイ♪ vol.3』が、東京・EX THEATER ROPPONGIに登場。全編が名曲! ミュージカルのおいしいところ詰め合わせ。ミュージカルのディープなファンから初心者まで、誰もが楽しめるステージだ。

『恋するブロードウェイ♪ vol.3』チケット情報

出演は、ミュージカルなどで活躍中の太田基裕、大山真志、小野田龍之介、海宝直人、菅俣翔、内藤大希、西川大貴、法月康平、味方良介というフレッシュな9名。作・演出は、芸術性とエンターテインメント性を兼ね備えた作品世界に定評のある演出家、鈴木勝秀。大人気海外ドラマ『glee/グリー』のカバーでも知られるジャーニーの「Don't stop believin'」をはじめ、『レ・ミゼラブル』『コーラスライン』『レント』など数々の傑作ミュージカルの名曲をダンスとともに届ける。

その魅力を探るべく、稽古場に潜入。この日は、2週間の歌とダンスの稽古を経て、初めての立ち稽古。ステージ上のセットは数脚の“イス”のみ。ミュージカルスターへの道は、まさにイス取りゲーム(=Musical Chairs)。イスは、その象徴でもあり、ステージの上で様々に形を変え、効果的に使われる。

物語の舞台はNY、ブロードウェイ。雑踏の中、西川は、通りかかった大山をタップで挑発し、ふたりのタップ合戦がスタート。次第に熱を増すバトルに、街ゆく人々がひとり、またひとりと引き寄せられていく…。ステージ上の面々とともに、お客の気持ちも引き寄せなければならない重要なシーン。ふたりのタップ対決では、西川が「複雑なリズムにしよう」と提案し、大山と様々なリズムを試していく。鋭いリズムで斬りこむ西川。ユーモラスな動きを織り交ぜ受けて立つ大山。

一方、ふたりのタップ合戦に足を止める太田、小野田、海宝、菅俣、内藤、法月、味方。“何だろう?”と引き寄せられる。演出の鈴木からは、「感情を出さなきゃ、教わった振りで歌を歌う発表会になってしまう。そこに自分なりのストーリーを作って」と指示が飛ぶ。すると「ダメだ。さっきは銀行に行って戻ってきた気持ちで歩いてた」と小野田。みんなの笑いを誘う。本番までに、それぞれがどんなストーリーを作って、それをどう表現するのか? 個性が見えるシーンとなりそうだ。

ふたりで始まったタップ合戦は、周囲を巻き込み大きな渦となり…オープニング曲「Don't Stop believin'」(全米ロックミュージカルの金字塔『ROCK OF AGES』より)へ。9人の交錯する心を表すかのような多彩なフォーメーションチェンジによる振付で、視覚的にも期待感をあおる。そして、この曲のラスト、9人の若いエネルギーが爆発。鈴木からは、「エネルギーの出し方のメリハリが大事。いちいち言わないから、それぞれ“ここだろう”と思ったら出してみて」と指示。本番では、観客はのっけから“ガツン”とやられることになりそうだ。

公演は2月28日(金)から3月2日(日)まで。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング