マスプロ電工、業界最小の壁面取りつけ用地デジアンテナ「スカイウォーリーミニU2SWLC3シリーズ」

2014.2.21 19:35配信
スカイウォーリーミニU2SWLC3シリーズ

マスプロ電工は、壁面取りつけ用UHFアンテナとして、業界最小の「スカイウォーリーミニU2SWLC3シリーズ」4機種を、3月3日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はスタンダードモデルの「U2SWLC3/U2SWLC3(BK)」が7000円前後、ブースター内蔵モデルの「U2SWLC3B/U2SWLC3B(BK)」が1万1000円前後の見込み。

業界最小のアンテナ部は、家の壁面に取りつけても目立たず、住宅の美観を損なわない。また、軽量で取りつけ時の作業性もすぐれている。ベランダのフェンスやマストにも取りつけることができ、室内の据え置きにも対応する。

取りつけ金具や据え置き用スタンドが付属。壁面取りつけ金具の位置をつけ替えれば、アンテナの方向を最大180°変えられるので、より目立ちにくい位置に取りつけることができる。

マスト固定金具は蝶ナットを採用。工具を使わず、手で仮締めができる。付属のレンチで、F型コネクタと壁面取りつけ金具、マスト固定金具の蝶ナットを締めるので、別途工具を用意する必要はない。

従来のようにキャップの端を切る必要がなく、F型コネクタつきケーブルがそのまま通る新構造の防水キャップを採用。既設ケーブルを再利用する場合でも、コネクタを再度取りつける手間がかからない。

ケースは耐候性にすぐれたASA樹脂製。薄型なので受信面に積雪しにくく、着雪による性能劣化が少ない。サイズは幅150×高さ360×奥行き99mm。カラーは、スタンダードモデル、ブースター内蔵モデルともに、ウォームホワイト、ブラックの2色。重さは、スタンダードモデルが約1kg、ブースター内蔵モデルが約1.1kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング