『劇場版 仮面ティーチャー』特集 仮面宣伝マン"追っかけ!"の旅

【仮面ティーチャー】ジャニーズ総勢10名が悩める高校生に送った言葉は? "高校生限定試写会"ロングレポ

ウレぴあ総研では、『劇場版 仮面ティーチャー』のPR活動として、全国を旅してまわっている「仮面宣伝マン」を追っかけレポート。ドラマ版、映画版のキャスト、ジャニーズ総勢10人が揃った"高校生限定試写会"はどんな模様だったのか? 宣伝マンの活動とともに詳細を徹底レポート!

 

ウレぴあ総研では、『劇場版 仮面ティーチャー』のPR活動として、全国を旅してまわっている「仮面宣伝マン」を追っかけレポートしている。先日、宣伝マンは映画公開前に行われた"高校生限定試写会"にも登場。その模様を濃密にレポートしていきたい。(参照:『仮面ティーチャー』ドラマ版と映画版のキャストが集結! "高校生限定"試写会大募集![http://ure.pia.co.jp/articles/-/20357]

地方での宣伝活動が中心の仮面宣伝マンだが、その日、彼は“宣伝マン”としての本来の仕事をするために都内にいた。

何しろ2月6日(木)、この日は荒木剛太役の藤ヶ谷太輔をはじめしたジャニーズキャスト総勢10名が登壇し、現役高校生1000人が出席する「特別ドラマ放送&映画公開記念!『仮面ティーチャー』“課外授業”スペシャルイベント」が開催されることになっていたのだ。

2月6日(木) 18:00 日本青年館(神宮外苑)

仮面宣伝マンが世を忍ぶ仮りの姿で会場に到着すると、早くも学生服に身を包んだ高校生たちが列をなし、嬉しそうに開場のときを待っていた。最前列は午後1時に並んだという高校3年生の女子二人組で「受験の時期だから、下校が早いんです」と教えてくれる。男子の姿も多く見られ、「僕らはみんなファミリーだからね」という頼もしい声も聞こえてきた。

そこで、仮面宣伝マンを追っかける前に当日の模様を徹底レポートしよう。

午後6時。予定通り開場すると、入口でこのイベント用の紙の絵馬をもらった高校生たちが仲よく席に着き始める。友だちと話しながら開演をいまや遅しと待ちわびている彼らの表情はみんな笑顔、笑顔。興奮して早くも顔が赤らんでいる子もいるし、手に「太輔」「風磨」「安井謙太郎」「田中樹」の名前が入ったウチワを持った子も大勢いて、彼らの高揚感が伝わってくる。

そして、18時30分。

 

「キ~ンコン、カ~ンコン」という学校のチャイムの音が鳴ると場内から「キャー」という歓声が。さらに、この日司会、進行を務める日本テレビの青木源太アナウンサーが登壇すると、さらに「キャー」の声が大きくなり、青木アナも「すごい盛り上がりですね。これだけ反応があると、ずっと、これで遊んでいたいという気持ちになりますね」と大喜び。

しかし、もちろんそうもいかず、異常な空気に包まる中、青木アナがイベント概要を説明するところからこの日の特別“課外授業”は始まった。


「今作、『仮面ティーチャー』は大ヒット漫画『GTO』を生み出した藤沢とおるさん原作の物語。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん主演で去年7月にドラマ化されました。そして2月14日には金曜ロードSHOW特別ドラマ、そして2月22日(土)全国公開となる映画として返ってきます。本日はそのドラマ版、映画版キャストの方々にお越しいただいております。みなさん、準備はよろしいですか?」

そこで、また一際大きな「キャー」の声とともに場内が暗くなると、特別ドラマと映画の予告編の上映に続いて、青木アナの「それでは早速ご登場いただきましょう」という声とともにキャストが観客席前方左右の扉から交互に入場。まずは上手から劇場版に武原金造役で出演した菊池風磨(Sexy Zone)が現れ、下手から劇場版と特別ドラマに草薙圭吾役で出演したジェシー(ジャニーズJr.)が姿を見せた。さらに金髪先生役の塚田僚一(A.B.C-Z)も役柄そのままにY字バランスで登場したが、ひとりひとりが顔を見せるごとに大きな歓声と温かい拍手が湧き上がり、場内は和やかなムードに。

人気記事ランキング