よゐこ有野“主演作”『ゲームセンターCX』公開!

2014.2.22 20:52配信
初日舞台あいさつの模様

お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉が懐かしいゲームソフトに挑戦するバラエティ番組「ゲームセンターCX」を映画化した『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』が22日に封切られた。東京・新宿バルト9で初日舞台あいさつが行われ、“主演”有野は「台本も見せてもらえず、共演者に会ったわけでもなく…」と戸惑いの表情だった。

初日舞台挨拶その他の写真

番組の放送開始10周年を記念した映画化企画。2006年で名作ゲーム『マイティボンジャック』の攻略を目指す有野課長と、1986年で恋心を抱くクラスメイトに近づくため、不良たちからゲームを取り戻そうと奔走する少年ダイスケの姿を描いており「最後のシーンは秘密にして」(有野)。

舞台あいさつには有野をはじめ、ダイスケを演じる吉井一肇、平祐奈、阿部考将、松島海斗、吉田翔、蔵方政俊監督、書き下ろしの映画主題歌「プレイヤーI」を提供したロックバンド「怒髪天」の増子直純と上原子友康が駆けつけた。

吉井は「すっごく嬉しい」と公開初日に大喜び。阿部、松島、吉田の男子3人が緊張した表情を見せると、有野は「楽屋で(トークの)シミュレーションしてたのに、全然活かされていない(笑)」と暴露し、笑いを誘った。

また、2月25日に42歳の誕生日を迎える有野に対し、バースデイケーキが振る舞われるサプライズも。「ありがたいですけど、こんなたくさんの人の前でやることじゃない」と照れくさそうに語り、ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得した、同世代の葛西紀明選手を引き合いに「6年後の東京オリンピックを目指したい。種目は、やっぱりマイティボンジャック。ぜひ世界とやり合いたい」と意気込んだ。

『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング