百恵さんも祝福。三浦祐太朗が宇崎竜童の舞台に出演

2014.2.21 20:48配信
左から、宇崎竜童、三浦祐太朗、佐藤浩希 左から、宇崎竜童、三浦祐太朗、佐藤浩希

近松門左衛門の名作とフラメンコを融合させた舞台『FLAMENCO 曽根崎心中』の公開稽古が2月20日、都内で行われ、音楽監督を務める宇崎竜童、演出・振付・主演の佐藤浩希、出演者の三浦祐太朗が取材に応じた。

『FLAMENCO 曽根崎心中』チケット情報

遊女・お初と醤油屋の手代・徳兵衛の悲劇の愛の物語を、プロデューサーも務める阿木燿子が作詞、宇崎竜童作曲の音楽で描く舞台。お初と徳兵衛をそれぞれふたりの踊り手と歌い手で表現し、徳兵衛役をフラメンコダンサー佐藤浩希とシンガーソングライター三浦祐太朗が務める。

舞台の初演は2001年。東京公演は8年ぶりという。「キャストが変わったので、新しく曲を作り変え、“させられました”」と笑った宇崎。初演から歌い手はフラメンコ歌手だったが、「今回は三浦祐太朗さんが入ったので、彼の声にあわせて」作り直したという。演出の佐藤は「阿木さんから『三浦祐太朗さんというすばらしい歌手がいる』と言われて聞いたら『この人しかいない』と思った。繊細で憂いがあって徳兵衛にぴったりだった」と話す。三浦は阿木がお忍びで自分のライブを見に来て、翌日オファーがあったと明かし「実際歌を聞いていただいてから、お話をいただいたことは、歌い手としてすごくうれしかった」とコメント。「宇崎さんと阿木さんの音楽なのでフラメンコなんですが、和の要素がたっぷり含まれている。そのエッセンスを感じながら、自分の色が生かせるように」と意気込みを語った。

また、両親に出演を報告したかと聞かれた三浦が「もちろん。母は非常に喜んでいました」と話すと、宇崎が「僕は話してないんですけど、阿木が百恵さんに連絡したみたいです。喜んでくれていると聞いてほっとしているところ」と明かす。三浦は「先に阿木さんがお電話してくださって、メールで母から『よかったね』と連絡がきました。喜んでいる感じの絵文字つきでした」と笑った。

舞台は4月2日(水)から6日(日)まで東京・新国立劇場 中劇場にて。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング