「タクタイル」と「リニア」の2種類のメカニカルキーボードをラインアップする「G512」

ロジクールは4月25日、ゲーミングキーボードのフラッグシップモデル「G512」を発表した。税別価格は1万5880円で、5月24日に発売する。

「G413」の後継機となる「G512」は、評価の高かったデザインや性能をさらにアップグレード。キーボードのきょう体には航空機体にも採用されているアルミニウムとマグネシウムの合金を採用し、激しいゲームプレイにも耐えうる堅牢性を実現した。

ロジクール独自のメカニカルキー「Romer-G」は従来の打鍵感がしっかりとした「タクタイル」タイプに加えて、打感がなめらかな「リニア」タイプをラインアップ。2種類から好みに合わせて選べるようになった。

キーストロークは3.2mm、押下圧は45g。複数キー押しは最大26キー。ショートカットキーはバックライトスイッチ、ゲームモード、再生/一時停止、停止、前のトラック、トラック送り/戻し、ミュート、音量アップ/ダウン。ゲームのアクションに連動して光が演出するLIGHTSYNCにも対応する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます