【アイドル】ご当地アイドル2011年女王は、広島の「まなみのりさ」(前編)

ご当地アイドルNo.1決定戦「UMUアワード」が11年12月27日に行われました。初代女王Negiccoをつぐ2代目女王を目指し、全10組が熱いバトルを繰り広げました。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!新年一発目の研究報告は、もちろんアイドル!そしてご当地!さらにはNegiccoがゲスト出演!2011年12月27日に開催された、ご当地アイドルNo.1決定戦、UMUアワードのレポートをしたいと思います!2011年に開催されたUMUアワード決勝には、全10組が参加。北は北海道から南は九州鹿児島まで、大ベテランからフレッシュどころまでが集結、ご当地アイドル2代目女王の座を狙って熱いバトルを繰り広げました!
 












 

 












ご存知の方も多いかと思いますが、UMUアワードの2010年度優勝者が、我らがNegiccoだったのです。鈴木もその場に居合わせましたが、Negiccoのメンバー全員、そしてファン全員が喜びを分かち合える出来事でした。そして、それからというもの、2011年のNegiccoは各メディアで引っ張りだこの人気グループに…。地方を中心に活動するアイドルにとって、知名度と実績をジャンプアップできる可能性の高いUMUアワードでの優勝は、一つの大きな目標となったのデス。

さてさて、2011年のUMUアワードですが、鈴木はリハーサルから取材を敢行させていただきました!さすが老舗の大手事務所ホリプロさんが運営されているだけあって、かなり入念に準備がなされておりました。名古屋市大須のアイドルグループOS☆Uはおそろいのパーカーでリハ!こういうの結構高まります。そしてNegiccoちゃんは私服!「圧倒的なスタイル」でフロアに下りる際の順路を確認などなど、事細かにチェック。

リハから目立っていたのは、早くも気合十分のダンスを見せていた、広島出身の「まなみのりさ」と、雰囲気たっぷりのお囃子を披露することを予告した、青森県は弘前市出身の「りんご娘」。この二組はNegicco同様、地方を中心にしながらもかなり何年もキャリアのあるグループでして、本戦のほうでもかなりいい線行きそう!という気配が濃厚でした。まなみのりさはNegiccoと東京で何度も対バンしていますし(鈴木がはじめてNegiccoを見たのが、2009年のまなみのりさとの対バンイベントでした)、りんご娘はTBS「からくりTV」でNegiccoと名勝負を繰り広げています。現在に続くご当地アイドルシーンは、やはりNegiccoを中心にして回ってきたんですよね。
 

 








 














他にも、北海道出身なのにこんなに肌寒い格好で大丈夫!?と思わせるほどセクシーかわいい衣装の「フルーティー」は、ハツラツとしたパフォーマンスをリハから繰り広げていましたし、栃木出身の「とちおとめ25」は、アニソン風の楽曲にラップを乗せるというかなり面白い試みをしていまして、これはこれは、本番が楽しみすぎます!
 

 








 











いま人気の動画

     

人気記事ランキング