イベントに登場した中谷美紀

 オーガニック&ナチュラルコスメ「TV&MOVIE 新商品&新CM発表会」が25日、東京都内で行われ、ブランドミューズを務める女優の中谷美紀が出席した。

 かつては、「季節の変わり目に肌が赤くなったり、“大人ニキビ”にも悩まされていた」という中谷。2年前に同シリーズが誕生してからは肌の調子も上々で「敏感肌だということを、人からは気付かれないぐらいにはなりました」とにっこり。

 自身がプロデュースした新発売のファンデーションには、かなりの自信があるそうで、「先だってニューヨークに行ったのですが、飲食店でワインを頼もうとしたら身分証明書の提出を求められました。20歳若返ったんですね」と驚きのエピソードを披露。「東洋人の顔立ちもあって、若く見られたのだと思いますが、それぐらい(完成品を)誇りに思っています」と胸を張った。

 そんな中谷は「この仕事さえしていなければ、洗顔やパックすらしないズボラな人間なんです」と意外な一面を語りつつ、実際は女優として「昼間から“寄り”をハイビジョン(カメラ)で撮られるという残念な時代になってしまいまして。私は日々それと戦っています」と苦笑い。「年齢というのは抗うべきものでなく、年齢なりのしわやシミを認めていかなければとは思いますが、4K、ハイビジョンで肉眼以上によく見えるというのはやはりちょっと残念」などと本音を漏らし、会場の笑いを誘った。

 また「私たち女優がなんとか(ハイビジョンに)耐えられるのはレフ板や照明のおかげ」とぶっちゃけ、「レフ板、照明のような効果のあるファンデーションを作ってほしいとお願いしました」と製品誕生のきっかけも紹介。“プロデューサー”としての思い入れは強く、「私自身、結婚も出産も経験していませんが、まるで子どもを育てるような感覚といいますか、大事に大事にこのファンデーションをつくらせていただきました」と充実の笑みを浮かべた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます