第4弾となるドン・キホーテの格安4K液晶テレビ

ディスカウントストア大手のドン・キホーテは4月25日、プライベートブランド「情熱価格PLUS」が展開する格安4Kテレビの第4弾となる「HDR対応 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(60型/55型/50型)」の3機種を発表した。

税別の価格は60型の「LE-6001TS4KH」が8万9800円、55型の「LE-5501TS4KH」が6万4800円、50型の「LE-5001TS4KH」が5万4800円。5月1日午前11時から、一部店舗を除く全国のドン・キホーテの店舗で予約販売の受付を開始する。

ドン・キホーテは昨年6月に税別5万4800円の50型4K液晶テレビを発売し、初回生産分の3000台をわずか1週間で完売するなど、「格安4Kテレビ」の火付け役になった。10月に第2弾、今年3月に第3弾を発売し、累計2万台以上を販売した。

新商品では、従来の50型に、あらたに55型と60型を加えた。高画質技術では、明るさと暗さでより広い階調表現が可能な「HDR」に対応。HDRで収録したコンテンツで、映像本来の明るさや明暗差などを豊かに再現する。

またダブルチューナーの搭載により、外付けUSB HDDに裏番組を録画しながらほかの番組を視聴できる。バックライトは、直下型LEDを採用。コントラスト比は60型が3000:1、55型が6000:1、50型が5000:1。HDMI端子を3つ搭載するほか、1WAY内蔵ステレオで音声実用最大出力20W(10W×2)のスピーカーを搭載する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます