トランセンド、Wi-Fiを搭載した多機能ドライブレコーダー「DrivePro 200」

2014.2.27 18:33配信
DrivePro 200

トランセンドジャパンは、Wi-Fi機能を搭載した多機能ドライブレコーダー「DrivePro 200」を3月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格(税別)は1万5800円前後の見込み。

クルマのフロントガラスに取りつけて、運転中の映像や音声を自動的に記録する車載装置。300万画素の低照度高感度CMOSセンサと、F2.0の大口径で160°の広視野角レンズを備えたカメラを搭載し、鮮明なフルHD映像を記録する。暗闇での録画にも対応する。また、内蔵マイクで必要に応じて音声を残すことができる。 <br />

映像は、2.4インチの高解像度フルカラー液晶で表示/再生できるほか、Wi-Fiでスマートフォンやタブレット端末と接続し、無料の専用アプリ「DrivePro App」を使ってストリーミングやダウンロード、共有することができる。記録媒体は、MicroSDカード。動画ファイル形式は、MOV(H.264 動画圧縮規格)。解像度とフレームレートは、フルHD(1920×1080)/30fps、HD(1280×720)/30fps。

フロントガラスの中央のバックミラー付近に固定し、付属のカーアダプタでクルマのシガーソケットに接続するだけで取りつけることができる。クルマのエンジンをかけると自動的に電源が入り、録画を開始。エンジンを止めると録画を停止して、電源オフの状態になる。

ループ録画を有効にすると、記録媒体の空き容量がなくなったときでも古いファイルを上書きして記録を続ける。ただし、運転中にGセンサーが衝撃を感知して緊急モードで録画した場合は、上書きしない。また、緊急録画ボタンを操作して録画したファイルも保護される。

サイズは、長さ67.0×幅72.0×高さ34.3mmで、重さは84g。MLCチップを採用するトランセンド製16GBのmicroSDHC Class 10カードが付属する。専用アプリ「DrivePro App」は、iOS 5.0以降のiPhone 4以降/iPad mini/iPad、Android 2.3以降のAndroid機器に対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング