ベンキュー、多機能型超短焦点ワイドプロジェクター「MW824ST」、1mの距離で89インチの映像を投写

2014.2.27 18:48配信
MW824ST

ベンキュージャパンは、1mの距離から89インチの大画面を投写できる多機能型超短焦点ワイドプロジェクター「MW824ST」を、3月4日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万4500円前後の見込み。

1mの短距離で89インチの大画面投写ができる超短焦点モデルのプロジェクター。大会議室や学校、小さな会議室やパーティションで仕切られた狭いスペースでも大画面を映し出すことができる。

解像度はWXGA(1280×800)で、16:10のワイド画面に対応する。高輝度3200lm(ルーメン)、高コントラスト比13000:1を実現し、広い会議室や蛍光灯を点灯している部屋でも明るくメリハリのある画像を映し出すことができ、照明を落とさなくても使用できる。

自然な風景などに多い中間色の再現性を高めるテキサス・インスツルメンツの色彩深度向上技術「BrilliantColor」や、ランプ寿命最大約1万時間を実現する「スマートエコランプケアモード」、電源供給を行うことで自動的に起動する「ダイレクトパワーオン」機能、縦方向のみ手動±30°の台形補正機能などを備える。また、電子黒板キット「PW01」に対応し、オプションの3Dメガネを使えば、3D映像も楽しめる。

10Wのスピーカー1基を搭載。映像入力はミニD-sub15ピン×2、Sビデオ×1、コンポジットビデオ×1、HDMI 1.4a×1を備える。サイズは幅287.3×高さ114.4×奥行き232.6mmで、重さは約2.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング