上昇志向が強く、どんどん出世して夢を実現していく男性は、女性から見ても憧れのかっこいい存在ですよね。

しかしそんな男性は女性に求めるものも多く、彼女として選ばれるにはかなりの努力を必要としそう。

どのような女性が上昇志向の強い男性から「自分にふさわしい」と思われるのでしょうか?ご紹介します。

1: 愚痴、自慢話、うわさ話をしない女性

常に前を向いていこうとする上昇志向の強い男性は、女々しいことが大っ嫌い。

本人のいないところで噂話や悪口なんてとんでもないし、周りの気持ちも考えず自慢話ばかりする人は軽蔑に値すると考えています。

また、どうしても辛い時に気持ちを吐き出すことは必要だけれど、愚痴ばかり言うことにはなんの意味もないと思っているので、ネガティブな態度の女性にはあまり魅力を感じないでしょう。

逆に、辛いことがあってもできるだけポジティブに振舞おうとする明るい女性は大好き。

このような女性の口からはマイナスの言葉が出てこないので、一緒にいて楽しいし、特定の誰かを貶めるようなこともしないので信頼できると考えるのですね。

上昇志向の強い男性の場合、愚痴や悩み相談で気を引こうとするのは、逆効果でしかないかもしれません。

2: 身の回りのことをきちんとこなせる女性

上昇志向の強い男性は、仕事だけでなく、身の回りのこともきちんとできてこそ一人前だと考えています。

そのため、女性にも最低限の料理、掃除、洗濯などの家事ができることを求めるし、どうしても苦手だというなら、ハウスキーパーを雇ったり、週末にまとめて家事を片付ける時間を作ったりするなど「どうすればこのピンチを脱することができるのか」ということを考え、実行できる力があるかどうかを冷静に観察するのです。

こうした能力は、結婚後も円満な関係を築くためにとても重要になってくるので、より良いパートナーを探す上ではどうしても外せない条件というわけですね。

婚活の場でも、爪を長く伸ばして習い事に夢中になっている女性より、金銭感覚がしっかりしていて、公私ともに自分をしっかりサポートしてくれるような女性が、こうしたタイプの男性には人気です。

3: 一人前の大人として自立している女性

上昇志向の強い男性は、同じように前を向いて歩ける女性といるほうが楽しいため、手のかかりそうな依存心の強い女性は敬遠します。

最初は「かわいいな。守ってあげたい」と思っても、仕事に支障が出るほど甘えられたり、見当違いなやきもちを焼いたりされているうちに、だんだんうんざりして別れたくなってしまうのですね。

ですから、結婚までたどり着いたとしても、家で待っているほんわかとした妻に物足りなさを感じ、外でキャリア系の女性と浮気してしまうなんて話は決して少なくありません。

常に刺激を与え、追いかけさせてくれるような自立した女性こそ、上昇志向の強い男性を本当に満足させられる人なのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます