「癒し系女子」と言えば、女性から見たら「モテる女性」のカテゴリ上位ですよね。

特に、働き盛りのアラサー男性からしてみたら「仕事で戦い、恋では癒されたい」というのが本音。

しかし、この癒し系女子にも隠されたマイナスポイントが! というわけで今回は、男性が明かす、癒し系女子の隠されたマイナスポイントを紹介します。

(ちなみにここでいう「癒し系女子」というのは、性格的に控えめで優しく、家庭的で聖母の様なイメージの女性を指します)

1: 色気が足りない!?

男性が色気を感じるアピール法は、例えば服装だったり、メイクだったり、例えばクラブやバーなど、お酒がある場所での駆け引きだったり。

癒し系女子というのは、そういうタイプに比べると露出控えめなファッションだったり、ふわふわモコモコ系のファッションだったり、メイクもナチュラル系だったりで、全くもって真逆の印象。

だからこそ、遊び尽くしてきたようなアラサー男性たちには特に安心感を与え、モテのポジションをキープしているのです。

しかしここはバランスが大事。

色気ゼロだとトキメキが足りないかもしれないので、たまには色気を演出してみるといいかもしれません。ギャップにグッとくる率高めですよ。

2: 従順すぎる

色気というワードもそうですが、癒し系女子の辞書には「わがままに振る舞う」という言葉はありません。

性格は温和。会話も聞き手に回ることが多く、男性も癒し系女子の前ではいろんなことを話せて、時には弱音も言えちゃうし、なんなら慰めてもらえるしっていうところがモテポイントのはず。

ですが、自分の思い通りなりすぎる女性には興味を示さないという男性の本音も。なので、少しはわがままに振り回してもいいと思います。

例えばいつもは誘われたらOKしているとしても、たまには断るとか。例えばデートの日1日を自分の思い通りにスケジューリングしてみるとか。

癒し系であることと、自分の意思が弱いということは別です。自分の欲求もある程度は持っていた方が魅力的に映るかもしれませんね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます