オープンキューブ、国産パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO X9」、工業用3Dプリンタに迫る造形性能

2014.3.4 14:55配信
SCOOVO X9

オープンキューブは、日本製のパーソナル3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ) X9」を、オープンキューブ オンラインストアで3月14日に発売する。カラーは、シルバー、ブラックの2色。価格は22万500円。

熱溶解積層方式としては世界最高クラスで、工業用3Dプリンタに迫る積層ピッチ最小50μm(マイクロメートル)のパーソナル3Dプリンタ。量産製品の加工とほぼ同レベルの精度で、リアリティのあるプロトタイプを製作できる。

オブジェクトの最大造形サイズは、従来モデル「C170」と比較して容積比で約2倍の幅200×高さ230×奥行き170mm。これまでのパーソナル3Dプリンタでは難しかった大規模な造形ができ、プロダクトデザインやキャラクターデザイン、建築デザインなど、幅広い分野で使用できる。

エクストルーダは、背面のフィラメントフィーダと造形エリアのエクストルーダヘッドの分割構造を採用。ヘッドを小型・軽量化することで、反復稼働時の微妙なヘッドのオーバーランを抑え、限られたスペースでも大規模なオブジェクトを造形できる。

エクストルーダヘッドのノズルの左右には、ファンとヒートシンクを2基備え、ノズル内部の熱上昇によるフィラメントの詰まりを抑制する。ファンは約10°の傾斜によってオブジェクトをすばやく冷却し、スピーディな造形をアシストする。

ベッドとノズルのクリアランス調整は、独自のロックナットつきアジャストスクリューがサポート。ドライバーなどの道具を使うことなく、指先での調整ができるので、従来モデルよりも容易に調整でき、わずらわしい再調整の頻度も少なくなる。

フィラメントには、従来のPLAに加えて、量産製品でも広く使われるABSに対応し、個人の利用だけでなく、本格的なモノづくりんおプロトタイプ製作にも対応する。

約9割に日本製の部品を採用し、造形精度と信頼性を高めた。また、日本語のソフトウェア「SCOOVO Studio」と日本語の取扱説明書が付属しているので、3Dプリンタがはじめてのユーザーでも安心して使用できる。

対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP。サイズは幅406×高さ441×奥行き343mmで、重さは約16.5kg。オプション/消耗品の価格は、アクリルセーフティパネル(3点セット)が1万2810円、PLAフィラメント(1kg)が4980円、ABSフィラメント(1kg)が4980円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング