ウエスタンデジタルの超薄型HDD+玄人志向のHDDケース、Macに似合う外付けHDDを自作

2014.3.4 18:55配信
ウエスタンデジタルの超薄型2.5インチHDD「WD5000MPCK」

ウエスタンデジタルは、厚さ5mmの超薄型2.5インチHDD「WD Blue UltraSlim」シリーズの「WD5000MPCK」を発売した。容量は500GBで、実勢価格は8500円前後。

「WD Blue UltraSlim」シリーズは、電源とSATAをまとめた専用コネクタ「SFF-8784」を採用し、厚さわずか5mmを実現した。重さも500GBモデル「WD5000MPCK」でわずか74gだ。

この「WD5000MPCK」と玄人志向のUSB3.0/2.0接続の薄型HDDケース「GW2.5US-WD5U3」を組み合わせると、外付けUSB HDDとして使用できる。「GW2.5US-WD5U3」は、厚さ5mmまでの2.5型「SFF-8784」HDD専用ケースで、「WD5000MPCK」で動作を確認済み。サイズは縦121.0×横78.0×厚さ7.6mmで、重さはケース単体で約40g。カラーは、シルバー(GW2.5US-WD5U3/SV)とブラック(GGW2.5US-WD5U3/BK)の2色。直販サイトのバッファローダイレクトでの価格は2980円。

7.6mmの薄さを際立たせる美しいシルバーの「GW2.5US-WD5U3/SV」に「WD5000MPCK」を組み込むと、MacBook Airにマッチするデザインの「ポータブルHDD」が完成する。

HDDケースに、ベアドライブ(HDDベア・ベアHDD)と呼ばれるHDDを組み込んで外付けHDDを自作するメリットは、費用と自由度の高さ。「WD5000MPCK」は専用コネクタを採用しているので、対応ケースの種類は限られる(現時点では「GW2.5US-WD5U3」のみ)が、最初からケースに入った通常の外付けHDDとは異なり、中身のHDDを換装できるので、容量が足りなくなったらHDDだけを買い替えることでそのまま使い続けることができる。また、自作といっても、薄型HDDケース「GW2.5US-WD5U3」の場合、電源オフの状態で、フタを外してカバーをずらし、HDD本体をセットしてからカバーを閉めてフタを付け、最後に1か所ネジ止めするだけで、簡単に組み立てることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング