石井裕也監督から「笑顔に殺傷能力がある」と評された岩田剛典

 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』のレッドカーペットイベント&完成披露上映舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、EXILE HIRO、三代目J Soul Brothersの岩田剛典と山下健二郎、石井裕也監督、岸本司監督ほかが登壇した。

 本作は、六つの詩から生まれた新たな六つの楽曲、その世界観を気鋭の6人の監督がショートフィルムで映像化したオムニバス映画。

 石井監督作品『ファンキー』に主演した岩田は「短い撮影期間でしたが、とにかく僕は水まみれになりました。室内のシーンでも水まみれ。ちょっと溺れかけるような経験もさせてもらいました」と過酷な撮影を振り返った。

 本番直前まで“酸素ボンベ”を付けて水中撮影に臨んだという岩田は「ボンベを外して無呼吸の状態だと言っても、1分も芝居できない。それでサインを送って(持ってきてもらった)酸素ボンベを付けて…と、その繰り返し。本当の意味でスリリングな撮影でした」と苦笑しつつ、「絶対に満足していただける1本になったと思う」と自信をのぞかせた。

 岩田と初タッグを組んだ石井監督は「最高の笑顔を持っていることは知っていたけど、現に最高の笑顔だった」と岩田の魅力を称賛。「ただ刺激が強いというか“殺傷能力”が強いじゃないですか…。要するに映画の中では(笑顔は)1回でいいというか。それがどこかで出てくると思うので、それを楽しんで」と観客に呼び掛け、笑いを誘った。

 一方、岸本監督作品『幻光の果て』に主演した山下は「プールで飛び込むシーンがあったのですが、プールの壁に激突して、頭にでっかいたんこぶを作ったのが痛かったです」と失敗談を披露した。

 その後も「そのまま撮影があったので、いいや!と腫れっぱなしでやりました。プールで(患部を)冷やしながら…。大丈夫です」とあっけらかんと語ったが、何も知らなかったという岸本監督は「痛いという感じも出していなかったので…」と驚いていた。

 映画は6月22日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます