乾電池式で安全・安心な「オゾンの力 for シューズ」

フォースメディアは、オゾンでクツやクローゼットなどの脱臭ができる住宅用オゾン脱臭機「オゾンの力 for シューズ(JF-EO3S)」を5月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1台入りが「JF-EO3S」が3980円、2台セットが「JF-EO3SW」が6980円。

脱臭効果の高いオゾンを使って、モードを選んでボタンを押すだけの簡単な操作でクツやクローゼットの嫌なにおいを消臭する。同社のテスト環境では、アンモニアは90%以上、プロピオン酸などの有機物は70%以上の減少を確認したという。

モードは、シューズモードと、クローゼットや下駄箱などに合わせたクローゼットモードの2つ。オゾンは時間とともに安定した酸素に戻るため、消臭剤などと異なり、薬品などが残留する心配がない。

重さ50gの軽量・コンパクトな本体はストラップホールと動作確認用のLEDを備え、ストラップも付属するので、ブーツなど深さがあるクツでも引っ掛けて使用すれば簡単に取り出しができる。本体背面にはフック取り付け部もあり、クローゼットのハンガーに引っ掛けて使用できる。

電源は単3型乾電池3本。動作時間はシューズモードで約250回、クローゼットモードでは約2か月間。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます