ソフマップはeスポーツ事業へ本格的に取り組み、ゲーミング機器の売り上げを3~4倍に伸ばすという。具体的には、4月30日に「ソフマップ AKIBA 2号店パソコン総合館2階」にオープンする、eスポーツ配信スタジオ「eSports Studio AKIBA」と連携するECサービスの効果で売り上げ増を狙う。

同社は4月26日に「eSports Studio AKIBA」のオープンセレモニーを開催。設備の説明に登壇した同社の渡辺武志代表取締役社長は、「ここ(AKIBA 2号店パソコン総合館)の1階にゲーミングコーナーをつくったら、半年でゲーミング機器の売り上げが約2倍になった。スタジオと、連携するECサービスを開始すれば、3~4倍に伸びるはず」と述べた。

コンピュータゲームを用いた競技「eスポーツ」は昨今、多方面から注目を集め、さまざまな企業・個人・団体が事業化や活性化に向けて取り組んでいる。一方で、日本はeスポーツにおいて世界に遅れをとっているとされており、この差を埋めるための活動が盛んに行われている。

渡辺社長は、「小売業の立場としては、eスポーツに協賛している企業の商品を売ることで、eスポーツに貢献できると考えている。配信と組み合わせECによってメーカーに売り上げが立ち、そのメーカーがスポンサーについているeスポーツチームにお金が入る、というシナリオです」と、スタジオをつくった理由について説明する。

「eSports Studio AKIBA」は、ライブ配信環境を整えたゲームイベント施設。店舗と併設する強みを生かし、大会やイベントに登場する選手のユニフォームやグッズ、使用しているパソコンやキーボードなどのPC周辺機器を展示・販売する。学生サークルやコミュニティイベントを通じて、eスポーツの「魅力」や「楽しさ」を広げていく。

ライブ配信が視聴できる専用のサイトでは、大会で使用しているゲーミングPCや周辺機器を視聴ページと同じページで購入することができる。ライブ動画の下にECサイトを連結させており、商品の詳細を確認したり、カートに追加したりできる。視聴を妨げないよう、クリックしても画面が遷移しないよう、工夫している。

施設に導入しているゲーミングPCや周辺機器はどれもハイスペック。PCとスマートフォンのどちらからでもライブ配信を視聴できる専用サイトは、Jストリームが手掛けた。ソフマップは今後、同じような施設を名古屋やなんばの店舗にも設置して、VPNで映像を共有することでイベントを盛り上げる施策を考えているという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます