(左から)谷原章介、中山美穂、吉沢亮、桜井日奈子、筒井道隆

 映画『ママレード・ボーイ』の公開記念舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の桜井日奈子、吉沢亮、中山美穂、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青と廣木隆一監督が登壇した。

 吉住渉氏の人気コミックを実写映画化した本作は、両親が互いのパートナーを交換して再婚してしまうという特殊な環境下で、突然同居することになった小石川光希(桜井)と、松浦遊(吉沢)の恋模様を描く。

 舞台あいさつでは、光希と遊の両親を演じた中山、谷原、筒井が、「若い世代に向けて、自身の経験を踏まえた恋愛のアドバイス」を求められる一幕も。

 中山は「私が言えることは何もないのですが…。それぞれが自立しているというか、自分の考えを持っていたり、自分で行動することがお互いにできていて、そこから(恋愛が)進んでいくのが良いのではないかと思います」と答えた。桜井は「深いですね…。やっぱり好きになるとどうしても相手の思うことを優先しがちですが、自分の意思も大事。勉強になります!」と納得の表情。中山は「あまり勉強しなくて良いですよ」と照れていた。

 一方の谷原は、「やらないで後悔するよりやって後悔したほうがいい。当たって砕けろですかね」と先輩としての意見を述べた。筒井は「今の子たちが思う恋愛をすればいい。大人たちのまねしなくていいし特に参考にしなくてもいい。まあ自由に頑張ってください」とマイペースに語り、これには吉沢も「はい…。自由に頑張ります」と苦笑していた。

 これが初主演映画となった桜井。原作の吉住氏から「日奈子ちゃんの光希が大好きです。本当に可愛かった!」とイラスト付きのメッセージを贈られると「言葉にならないぐらいうれしい。私でよかったんだろうか、とずっと自信が持てなかったのですが、許された気持ちになりました」と感謝の気持ちを述べていた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます