IIJ、音声通話機能つきSIMカード「みおふぉん」、イオンとビックカメラグループで先行販売

2014.3.7 15:55配信
「みおふぉん」のイオンの店頭パッケージ(左)とビックカメラの店頭パッケージ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」で利用できる音声通話機能つきSIMカード(愛称:みおふぉん)を、3月13日に発売する。税別価格は3000円。

NTTドコモのLTE網に対応したデータ通信用のSIMカード。SIMロックフリーのスマートフォンやタブレット端末などに装着することで、高速モバイル通信を安価で利用できる。

音声通話機能によって、国内外の固定電話・携帯電話やスマートフォンとの通話ができる。警察、消防への緊急通話にも対応し、より安定した通話ができる。

LTEエリア内での通信速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。料金プランは、「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」の3種類を用意する。

「ミニマムスタートプラン」と「ファミリーシェアプラン」では、4月1日から高速通信のデータ量(バンドルクーポン)を増量。また、「ライトスタートプラン」では低速通信時の通信規制を緩和する。これらの変更は、すでに「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を利用しているユーザーも対象になる。

4月1日以降、「ミニマムスタートプラン」は、バンドルクーポンが1月あたり1GBで、直近3日あたりの低速通信量制限は366MB。月額料金は、音声込みが1900円、音声なしが900円(税別)。SIMカードは1枚。

「ライトスタートプラン」は、バンドルクーポンが1月あたり2GBで、直近3日あたりの低速通信量制限は366MB(4月1日以前は120MB)。月額料金は、音声込みが2520円、音声なしが1520円(税別)。SIMカードは1枚。

「ファミリーシェアプラン」は、バンドルクーポンが1月あたり3GBで、直近3日あたりの低速通信量制限は366MB。税別の月額料金は、音声込みが3560円~、音声なしが2560円。SIMカードは最大3枚まで。

なお、いずれのプランも国内音声通話料金は、30秒あたり20円(税別)。

音声通話機能の提供に先立って、イオン、ビックカメラ、ソフマップ、コジマの店頭と関連オンラインショップは、3月7日に音声通話機能つきSIMカードのエントリコードが付属する「IIJmio音声通話パック」の先行販売を開始した。3月13日以降に「IIJmio」のウェブサイトでエントリコードを入力することで、音声通話機能つきSIMカードを申し込むことができる。

このほか、3月13日~4月30日に音声通話機能つきSIMカードを購入したユーザーを対象に、カタログギフトなどをプレゼントする「IIJmio音声通話パック みおふぉん 春のデビューキャンペーン」を実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング