ディズニーアニメ新作は“姉妹”の物語

2014.3.7 16:44配信
『アナと雪の女王』(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最新ディズニーアニメ『アナと雪の女王』が14日(金)から公開される。本作はふたりの主人公の物語で、タイトルにもなっているアナと、その姉エルサの姉妹のドラマが描かれる。

『アナと雪の女王』本編映像

エルサとアナは、アレンデール王国家に生まれた姉妹だ。ふたりは幼い頃は仲良く遊んでいたが、姉のエルサは触れるものを凍らせてしまう禁断の力を持っており、ある時にアナを危険な目にあわせてしまったことから、愛する人を傷つけることを恐れて部屋に閉じこもってしまう。大好きな姉と話をしたいアナと、心を閉ざしてしまったエルサ。やがて月日は流れ、エルサは自身の力を制御して成長し、女王に即位することを決意する。

このほど公開された映像は、即位式のパーティでエルサとアナが会話をする場面。長い期間、会話も少ない姉妹はどこかぎこちないが、誰よりもエルサを愛するアナと、そんなアナを大事に想うエルサは、一瞬にして心を通わせ、笑顔を見せる。しかし、この後、ある出来事をきっかけにエルサは自身の力を制御しきれずに真夏の王国を冬に変えてしまう。映画は、アナが愛する姉を救うため、雪に閉ざされた王国を救うために旅立つ様が描かれる。

これまで多くのディズニーアニメが発表されてきたが、ふたりのヒロインが登場するのは初となる。さらに劇中では、ふたりがそれぞれに相手のことを想い、迷い、真の勇気を試される過程が描かれる。ちなみに日本語版はエルサの声を松たか子が、アナの声を神田沙也加が務め、姉妹の絶妙な駆け引きや、相手を想う気持ち、恐怖に打ち勝って真の愛を捜し求める姿を、美しい歌声を交えて演じている。

『アナと雪の女王』
3月14日(金) 2D・3Dロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング