サンワサプライ、TransferJetアダプタ「ADR-TJAUBK」と「ADR-TJMUBK」、機器同士をかざすだけでデータを転送

2014.3.11 15:39配信
「ADR-TJAUBK」(左)と「ADR-TJMUBK」

サンワサプライは、3月11日、近接無線転送技術のTransferJetに対応し、機器同士をかざすだけで手軽にデータを送受信できるアダプタ「ADR-TJAUBK」「ADR-TJMUBK」を発売した。

TransferJetを利用したデータ通信ができるUSB2.0接続のアダプタ。ソニー製の高速LSIを搭載し、50MBのデータを約5秒で送信できる。データ漏えいの可能性が低く、安心して使用できる。

電源はUSBバスパワーに対応。サイズは幅32.0×高さ47.0×奥行き9.8mm。

「ADR-TJAUBK」は、USB Aコネクタを搭載し、PCのUSBポートに接続することで、他のTransferJet対応機器とのデータの送受信ができる。重さは約10g。価格は6090円。

「ADR-TJMUBK」は、マイクロUSBコネクタを搭載し、Android搭載スマートフォン/タブレット端末のUSBポートに接続して、他のTransferJet対応機器とのデータの送受信ができる。送受信には、無料の専用アプリ「TransferJet Service」「TransferJet File Share」を使用する。重さは約8g。価格は6090円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング