ママになっても独身時代と変わらずにモテているママっていますよね。

男性だけを魅了するエロママでもなく、ママ仲間が集まってくるサバサバママでもない。愛らしくてちょっと色っぽくもある、子供からも人気、そして夫からも寵愛を受ける“モテママ”。あなたの身近にもいるのでは?

彼女たちはいったいどういう方法でモテを維持しているのでしょう。その方法を実践すればもしかしたら独身時代よりモテちゃうかもしれませんね!

スタイル・ファッション

1. 見せ方

モテママになるためには、自信のある部分、ママになってもまだ美しい部分を強調するのがいいでしょう。

おなかや体のラインに自信なくても、肩のラインはキレイ、足は太くなったけれど腕は細いまま。そんな部分を出して、そこに目がいけばいいのです。「目を引く場所が美しい=ほかの部分も美しい」となります。

2. ファッションは真ん中を取る

独身時代ならスカート、ママならばパンツスタイルというのがイメージですね。そこを通常のパンツではなく、サブリナパンツやクロップドパンツに変えて。八分丈で肌や足首を見せる。

これと同じように手首も見せたほうがすっきりオシャレに見え、少しセクシーです。

3. 靴

ママはヒールははけませんね。でもスニーカーではなく、真ん中を取りウェッジソールにしてみると、動けてしかもオシャレです。

4. ヘアスタイリング

髪の毛のツヤは大事。加齢ともに髪はバサバサになってしまい、年齢が出てしまいます。ほうっておくと「構っていないおばさん」になるので、トリートメントはきちんとしておくことをお勧めします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます