ウルフルズ復活! 日本のロック3世代対決

2014.3.17 19:00配信
ウルフルズ  Photo:矢部志保 ウルフルズPhoto:矢部志保

ウルフルズが3月16日に東京・両国国技館で『uP!!!SPECIAL MUSIC COMPLEX 2014,Spring』に出演、活動再開後初の正式なライブ出演を果たした。

イベントはTHE BAWDIESのライブからスタート。Ba/VoのROYによる「ウルフルズの復活祭ですよ!」のシャウトから始まった演奏は、ファンにはお馴染みに怒濤のロックチューン『IT'S TOO LATE』から始まった。しゃがれたボーカルと極めて激しい演奏の見事な一体感は、瞬く間にオーディエンスに浸透、会場の隅々までを多いに湧かせた。「さらけ出していこう」と終始会場をアオり、約1時間に及んだ全12曲が終了。先人たちが築いてきた日本のロックが継承され、そしてまた、THE BAWDIESのような素晴らしいロックバンドの新しい音楽表現の昇華に繋がっていることも、しっかり伝わってくる意味深いステージであった。

2バンド目はサンボマスター。ライブには定評がある彼らだが、登場するやいなや「お前らウルフルズを観に来たのかもしれないけど、俺たちのステージで力を抜くのは許さねぇ」と叫ぶ。その激しいMCはライブで叩き上げてきたサンボマスターならではの独特の煽りで、逆に親しみやすさの幅を広げ、サンボマスターの世界観や、激しいだけではなく実はかなり繊細な彼らのロックサウンドによって、オーディエンスをグングン導いていった。

大トリはウルフルズ。真っ暗のステージに登場した彼らは「1、2、3、4」のかけ声で『ええねん』を演奏。そのイントロを聴くやいなや、観客は一気に熱狂。涙を流すファンもいるほどで彼らの復活を発表するに相応しい出だしだった。大ヒット曲『バンザイ~好きでよかった~』『ガッツだぜ!!』から『びんぼう'94』のようなコアな楽曲、はたまた『サムライソウル』『笑えれば』といった人間味溢れる楽曲、さらには新曲『どうでもよすぎ』『ヒーロー』に至るまで、まるでウルフルズの全てを物語るようなバラエティに富んだ楽曲構成で、再結成後初ステージということを差し引いても豪華過ぎる内容だった。久々に観る4人がニュートラルな印象だったことも、待ち望んだファンには逆に嬉しかったはず。MCでは「やりながら思い出すことがある。『バカサバイバー』は歌うのが大変(笑)」「メンバー紹介する順番どうやったっけ(笑)?」とメンバー同士で語り合う場面も。それら全てをもって、時に会場を一体化させ、時に和ませるという、日本の音楽シーンにおいてかなり類い稀なロックバンド、ウルフルズの復活を見せつけた。トータス松本は共演した2バンドへ敬意を表しながらも「もう二度と活動を止めたりしないようがんばります」と語り、改めて東京のファンに挨拶。イベントはウルフルズ復活後、初の正式ライブということが先行して注目されていたが、仮にそれを差し引いても、この3世代、3バンドの共演は、とても意味のあるアツいライブだった。
Text:松田義人(deco)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング