木村ひさし監督が語る『劇場版 ATARU』 の魅力

2014.3.19 15:26配信
木村ひさし監督

TVシリーズ、スペシャルドラマを経て、いよいよ銀幕進出を果たした「ATARU」。その『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』のブルーレイ&DVDが本日発売になった。シリーズのメイン・ディレクターであり、映画版でもメガホンをとった木村ひさし監督に聞いた。

その他の画像

未解決事件を独自の解析によって解決に導く謎の男、チョコザイ=アタル。彼のかつてを知るマドカ(堀北真希)との物語が綴られる。そんな「劇場版」は、木村監督にとって「禁じ手」のようなものだったという。「TVシリーズではチョコザイとかかわった人たちを描いていましたが、これはアタル本人の話。これまでは取り上げなかった彼の感情にもスポットを当てています。植田(博樹)プロデューサーは『これはアタルが主役のスピンオフだ』と話していましたね」。

このシリーズの魅力はなんと言っても、サヴァン症候群の主人公を演じる中居正広の圧倒的な存在感にある。「実は僕自身もあのすごさを言葉にできないでいるんです。なんで41歳のおっさんがこんなに可愛いんだろう?(笑) 言葉で語らない役だからこそ、中居さんにフィットしたんでしょうね。中居さんは見せ方を心得ている方なので、撮影中は一切、モニターを覗かないんです。でも劇場版では、チョコザイが感情を見せるところがあり、そこだけはチェックしていました。それだけナイーヴな場面でした」。

アタルを通して、周囲の人々の言葉にならない欠落感が浮き彫りになっていく様も実に現代的。木村監督は「暗くなりすぎないように」描き、せつなさを喚起する。「アタルは脳の伝達機能に障害があります。彼とかかわる人々には障害はないものの、どこかズレてしまっている部分がある。どちらが上でも下でもなく、言ってみれば和食と洋食の違いぐらいなんですよ。どんなに悲しいことがあっても、日常には同時にくだらないこともあって、笑いに流れたりもする。泣いたままでは終わらないし、終わらせたくない。それは僕の性分かもしれない。続編ですか? 劇場版は一種の番外編でしたから、出演者のタイミングさえあえば、またTVシリーズのノリに戻って続けることはできるかもしれませんね」。

『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』
ブルーレイ&DVD発売中、レンタル中

取材・文:相田冬二

いま人気の動画

     

人気記事ランキング