18年1Qメーカーシェアで東芝が富士通を逆転

2017年10月以降、6か月連続で販売台数が前年を下回っているノートPC。毎年ピークとなる春商戦の2018年1Q(1月~3月)も昨年同期比で92.7%という結果に終わった。

直近2年のメーカーシェアは、1位がNEC、2位が富士通、3位が東芝で並びは変わらない。17年はASUS・アップル・エイサー・デルといった海外メーカーが躍進。上位3社のシェアをじわじわと奪い、「その他」が4.4ポイント上昇している。

18年1Q(1~3月)の販売台数シェアでも、海外メーカーの勢いは健在だ。シェア比率自体は17年通年とさほど変わらないが、販売台数は前年同期比を上回る成長をみせている。また、これまで3位に甘んじていた東芝が富士通を逆転。販売台数も上位3社で唯一、前年同期比を超えた。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます