スタート地点にはステージが用意され、DJによるアゲアゲなプレイがラン前の高揚感を煽ります。ロゴ入りTシャツとリストバンドを装着して、いよいよスタート!

5km走るのは高校以来10年ぶりという筋金入りの文系人間な自分……。不安いっぱいでスタートしましたが、ひと足早い春の陽気に包まれた広大な自然の中を走るのは、なかなか気持ちがいいものですなあ。芝生エリア、池の外周、観覧車の横など、適度に景色が変わるので、飽きずに走れるのはありがたい!
 

ついに色まみれに! 想像以上に楽しいかも

しばらく走ると、前方に「BLUE」と書かれたゲートが見えてきます。遠目にも青い煙がモクモクと立ちのぼっています。ここでカラーパウダーが待ち受けているのか…!

 

ランナーを待ち構えるスタッフはかなりハイテンション。ゲートをくぐり抜けると、「イエーイ!」「フゥ~!」とランナーを盛り上げながら、カラーパウダーをガシガシ振りかけてきます。

あっという間に白いTシャツは青く染まり、メガネの視界は青い点々でびっしり!(パウダーはもちろん洗えば落ちますよ)

隣で走る仲間を見ると、その顔はまさに真っ青! 互いに顔を見合わせて笑っていると、なんだか子供のころ友だちと泥遊びをしていたときのような気分になりました。日常でんな状況(カラーパウダーまみれ)になることってありえないですからね。なんか楽しくなってきた!
 

楽しみ方は人それぞれ、芝生で寝転がって休憩してもOK

最初はパウダーをかけられるままだった参加者も、ランが進むに連れてそれぞれの楽しみ方を見つけていきます。

ゲート付近では互いにパウダーをかけ合ったり、地面に寝転んで全身をパウダーで染めたり。かと思えば途中で芝生に寝転んで休憩したり、仲間と記念撮影をしたりと、かなりフリーダムな雰囲気です。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!