『アナと雪の女王』舞台挨拶に神田&松が登場!

2014.3.20 15:18配信
(左から)ピエール瀧、松たか子、神田沙也加、May J.

先日公開を迎え、大ヒットスタートを切った『アナと雪の女王』の日本語吹替え版キャストの神田沙也加、松たか子、ピエール瀧、エンドソング『Let It Go ~ありのままで~』を歌うMay J.が3月20日(木)にオープンを迎えたTOHOシネマズ 日本橋にて行われた舞台挨拶に登壇した。

その他の写真

日本でも初登場1位を獲得し興行収入100億円も視野に入る記録的なスタートを切った本作。アナとエルサ、ふたりの姉妹の運命をドラマティックなミュージカルとして描き出す。

これまで、世界各国で公開されるたびに1位を獲得してきただけに、日本でもその波に乗れたことにアナ役の神田はホッとした表情。エルサ役の松は、満を持しての日本語版キャストの勢揃いに笑顔を見せた。

この日はヒットを祝してくす玉と特製の氷でできた樽による鏡開きが行われた。「くす玉っていいですよねぇ」と語っていたピエールだったが、彼が引っ張ったくす玉のヒモがなぜか切れてしまい苦笑い。松から「持ってますね(笑)」と突っ込まれ、会場は笑いに包まれた。

くす玉の中から下りてきた垂れ幕には4人それぞれの本作に関するトークテーマが。「3つの歌で届けた想い」という垂れ幕のMay J.は、松が歌った主題歌、自身が歌ったエンドソング『Let It Go ~ありのままで~』、そしてまもなくリリースされるカバーアルバムに収録された異なるアレンジによる同曲の存在に触れ「3つの違うバージョンを楽しんでいただければ」とPRした。

松、神田、ピエールもそれぞれ劇中で披露した楽曲についてアピール。特に神田は、先日の舞台あいさつで生歌を披露し、来日中だった本作の監督がその歌声に涙したが、この出来事について「私の方が感動しました。私にとっても一生忘れられない日になりました」と感慨深げに語っていた。

改めて本作について神田は「ディズニー史上初のWヒロインということで、私自身、小さい頃からディズニーアニメを観ていますが、新しく感じるところがありました」と語り、松も「子どもから大人まで広く楽しんでいただける、技術とディズニーの愛情が詰まっています!」と語りかけた。

『アナと雪の女王』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング