ドコモ、シニア向けアプリ「つながりほっとサポート」、「らくらくホン ベーシック3」向けサービスは無料化

2014.3.24 13:4配信
「つながりほっとサポート」の画面イメージ

NTTドコモは、シニアとその家族向けのサービス「つながりほっとサポート」の機能を拡充し、らくらくスマートフォン向けアプリ「つながりほっとサポート」として、3月25日に提供を開始する。価格は無料。これまで月額105円で提供していた「らくらくホン ベーシック3」向けの「つながりほっとサポート」の月額使用料は、4月1日から無料になる。

ふだんと同じようにスマートフォンを利用するだけで、歩数や画面ロックの解除の有無、電池残量を自動で「つながりほっとサポート」サーバーに送信し、あらかじめ指定した家族など「つながりメンバー」に「お知らせメール」で知らせるアプリ。

ユーザー(シニア)は、日々の体調を「元気」「やや元気」「わるい」の3段階で登録して、スマートフォンの利用状況とあわせて「つながりメンバー」に伝えたり、日々の体調を振り返ったりできる。

「つながりメンバー」は、1日に1回、あらかじめ指定した時間に「お知らせメール」を受け取ることができ、アプリ利用者の1日の歩数が一定数以上になった場合やスマートフォンの電池残量が一定値以下になった場合など、指定した条件になった際にもメールを受け取ることができる。「つながりメンバー」には、最大10件のメールアドレスを登録できる。

対応機種は、「らくらくスマートフォン F-12D」「らくらくスマートフォン2 F-08E」「らくらくスマートフォンプレミアム F-09E」で、アプリの利用にはspモード契約が必要。

4月1日から無料化する「らくらくホン ベーシック3」向け「つながりほっとサポート」は、アプリ版「つながりほっとサポート」と同様、歩数、画面ロックの解除の有無、電池残量を蓄積し、指定した頻度(毎日/週1回/月1回)または指定した条件に達したときに「つながりメンバー」に知らせることができる。

通知できるメンバーは1契約あたり5名までで、契約者にはiモード契約が、「つながりメンバー」にはiモードまたはspモード契約が必要。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング