『マイウェイ』主演のオダギリ、日韓の関係性を真摯に語る

2012.1.5 17:8配信
『マイウェイ 12,000キロの真実』イベントに登壇した(左から)カン・ジェギュ監督、オダギリジョー、チャン・ドンゴン

韓国では3日間で動員100万人を記録するヒットを飛ばしている映画『マイウェイ 12,000キロの真実』の日本公開を前に、主演のオダギリジョー、チャン・ドンゴンとカン・ジェギュ監督が、ヒット祈願として、書道家の木下真理子と共に書き初めイベントを行なった。

その他の写真

日本、ソ連、ドイツの軍服を着てアジアからノルマンディーを戦い抜いた実在の東洋人の姿を壮大なスケールで描いた本作。カンヌ、ベネチアと並ぶ世界3大映画祭の一つである、第62回ベルリン国際映画祭(2月9日から19日まで開催)のパノラマ部門へ特別招待されることも合わせて発表され、報告会見ともなった。

オダギリは「商業的な大作でありながら、三大映画祭に選ばれることはあまりないこと。ただのエンターテインメント作品で終わらなかったことにすごく安心している。アート性やジェギュ監督の技量を評価していただいた」と喜び、さらに「監督はベルリン映画祭にお金を渡したのかな」とジョークを飛ばし場を和ませていた。ドンゴンは「東洋人の視点から描いた第2次世界大戦は、ヨーロッパの方々には新鮮に映るのではないか。この時代に問題を投げかけたジェギュ監督は素晴らしい」と話した。

ジェギュ監督は「韓国と日本の若者が戦争を通して友情を取り戻していく話でもあるので、歴史とは何か、韓国と日本の関係などを、若い人たちに考えてもらうきっかけにしてほしい」とアピール。オダギリは「日本と韓国は仲が良いようで微妙な関係が続いてきた。友情を描くということは挑戦的で、意味のあることだと思う。この作品を通して、根本はどこにあったのか、お互いの関係性があたたかいほうに向かって行けば」と語った。

『マイウェイ 12,000キロの真実』
1月14日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング