ドコモ、LTE国際ローミングを開始、アメリカ・ハワイなど計8の国・地域から

2014.3.26 18:36配信
LTE国際ローミングを利用可能な国・地域と事業者(略称)

NTTドコモは、LTE対応スマートフォンで、3月31日、海外でもLTEによる高速パケット通信を利用できるLTE国際ローミングを開始する。

「LTE国際ローミング」とは、国際ローミング中に、海外の通信事業者が提供するLTEのサービスエリアでLTEによる高速パケット通信を利用できるサービス。当初はアメリカ(本土)、アラスカ、ハワイ、カナダ、香港、フランスなど、計8の国と地域で提供し、今後、対象国・地域や通信事業者を拡大していく。

LTE国際ローミングの通信料金は、海外向けパケット定額サービス「海外1dayパケ」と「海外パケ・ホーダイ」を適用でき、「海外1dayパケ」の場合は1日(24時間)あたり980円/1280/1580円の定額で、「海外パケ・ホーダイ」の場合は1日あたり最大2980円で利用できる。なお、「海外パケ・ホーダイ」は、日本時間の1日あたり100MBの通信量までLTE国際ローミングを利用できる。100MB超過後は、従来の3G・GSM相当の通信速度になる。

国際ローミングの利用には、「WORLD WING」の申込みが必要。また、「海外1dayパケ」は、渡航前の申込みが必要となる。

3月26日時点の対応機種は、「iPhone 5s/5c」「Xperia Z1 SO-01F」「Xperia Z1f SO-02F」「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」などのスマートフォン・タブレット端末、データ通信端末「Wi-Fi STATION L-02F」「Wi-Fi STATION HW-01F」、5月発売予定の「L-03F」の計15機種で、販売中の機種はソフトウェア更新が必要。また、機種によって利用できる国・地域が異なり、データ通信端末は「海外1dayパケ」に対応しない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング