KDDI研究所と日本IBM、スマートフォン基本操作支援技術を開発、シニアやスマートフォン初心者向け

2014.3.26 18:42配信
スマホ道場

KDDI研究所と日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、シニアやスマートフォン初心者が、スマートフォンを使いこなせるように支援するスマートフォン基本操作支援技術を開発した。

KDDI研究所はこの技術を活用して、ユーザーの操作状況に応じて音声・吹き出し・アニメーションなどで応答しながら、スマートフォンの画面上での地図操作をわかりやすく支援するアプリ「スマホ道場」を開発。4月1日にGoogle Playでトライアル提供を開始する。

「スマホ道場」は、地図操作の練習をするときに、テキストや音声、オーバーレイ表示で適切なガイドをして、不慣れなユーザーを支援するアプリ。アプリ側がユーザーのつまずき度合いを検出することで、操作レベルを判断する。

対応機種はAndroid 4.0.3以降を搭載したauスマートフォンで、提供期間は4月1日~6月30日。価格は無料。

共同開発では、KDDI研究所がスマートフォンを初めて使うユーザーの観察実験にもとづく基本操作・練習用ユーザーインタラクションの設計、アプリケーション開発を担当。日本IBMの東京基礎研究所は、数理解析技術を用いたユーザーの操作内容分析にもとづく操作習熟度の推定と、操作のつまずきを即座に検出して、ユーザーに対して適切なガイドを提供するソフトウェアの開発を担当した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング