ドコモ、「GALAXY S II LTE SC-03D」と「らくらくホン ベーシック3」に新色ホワイトを追加

2012.1.5 18:57配信
GALAXY S II LTE SC-03Dの新色「Ceramic White」

NTTドコモは、スマートフォン「docomo NEXT series GALAXY S II LTE SC-03D」の新色「Ceramic White(セラミック ホワイト)」と、iモード対応携帯電話「らくらくホン ベーシック3」の新色「ホワイト」を、1月下旬から順次発売する。

「GALAXY S II LTE SC-03D」は、次世代通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したAndroid 2.3搭載スマートフォン。昨年11月24日の発売時点では、ドコモ初のXi対応スマートフォンだった。

約4.5インチの高精彩な有機ELディスプレイ「SUPER AMOLED Plus」、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、アプリの起動やウェブページの表示など、さまざまなシーンでストレスのない操作感を実現した。30fpsのフルHD録画に対応する有効約810万画素のオートフォーカスカメラ、Bluetooth 3.0+HS、無線LANルーターとして活用できるWi-Fiテザリング機能なども備える。

当初のカラーは「Dark Gray」の1色。新色の追加で、昨年6月に発売した「GALAXY S II」同様、カラーバリエーションは2色となる。新色「Ceramic White」は、全国のドコモショップでは1月18日から事前予約を受け付け、1月下旬~2月に発売する予定。

「らくらくホン ベーシック3」は、主にシニア層をターゲットとした富士通製の携帯電話。2011年4月の発売時のカラーは、ゴールド、ネイビー、ピンクの3色で、新色の追加でカラーバリエーションは4色に増える。新色「ホワイト」は2月に発売する予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング