名門クラブ対決を制するのは横浜FMか、鹿島か

2014.3.27 14:45配信
藤本淳吾(横浜F・マリノス) (c)J.LEAGUE PHOTOS 藤本淳吾(横浜F・マリノス) (c)J.LEAGUE PHOTOS

開幕4連勝はならなかったが、両軍の評価は下がることはない。首位に立つ鹿島アントラーズと得失点差で3位につける横浜F・マリノスの話である。好スタートを切った名門クラブが、3月29日(土)・日産スタジアムで激突する。

3/29(土) 横浜F・マリノス対鹿島アントラーズ J1リーグ戦 チケット情報

ともに開幕3試合は無失点で切り抜けた固い守備は健在である。さらにアタッカー陣も好調を維持している。

横浜FMは、新加入のふたりが好調だ。FW・伊藤翔と2列目の藤本淳吾は各2ゴールと上々の滑り出しを見せた。藤本は第4節・ヴァンフォーレ甲府戦をケガで欠場したため、横浜FMは積極的な攻撃を展開できずにシュート4本に封じられた。中村俊輔とともに左足から多彩なパスを放ち、高いシュートテクニックも兼ね備える背番号25は、すでにチームになくてはならない存在となっている。伊藤も相手DFの裏を取るスピードを生かし、中村、藤本のラストパスを引き出す。さらに左サイド・齋藤学の個性も光る。ドリブル突破でシュートまで持ち込むだけではなく、ワン・ツーで相手DFを引き剥がす。1トップ・伊藤、左・齋藤、中央・中村、右・藤本のアタッカー陣は、半数が新加入とは思えないほどのコンビネーションを構築している。

鹿島の攻撃陣も好調だ。1トップのダヴィが2ゴール3アシスト、2列目右サイドの遠藤康が3ゴール1アシストをマーク。2012年のJ2得点王のダヴィは昨季10ゴールにとどまったが、移籍2年目に本来の爆発力が発揮されつつある。背番号11はサイドを突破してクロスを供給するとともに、相手DFを引き連れスペースを作る。ダヴィが作ったスペースに飛び込むのが、遠藤である。2012年6得点、2013年7得点とコンスタントに数字を残してきた攻撃的MFは、積極的にゴール前へ顔を出す。168cmと小柄ながら、左足から放たれるシュートはパワフルだ。また、ボランチ・小笠原満男も相変わらずの存在感を見せ付けている。シュートパスの交換から攻撃の形を作っていく上、正確なフィードでダヴィを走らせる。

メンバーは好対照である。横浜FMは過去2シーズンのメンバーがベースとなり、伊藤、藤本、左サイドバック・下平匠と新戦力がピンポイントで顔を並べる。鹿島は19歳のFW・豊川雄太、21歳のトップ下・土居聖真、20歳の右SB・伊東幸敏、21歳のCB・昌子源が新たにレギュラーに名を連ねた。再び連勝街道を走るために勝ち点3を手にするのは横浜FMか、鹿島か。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング