古田新太もエール!TPDがデビュー曲をお披露目

2014.3.28 19:54配信
東京パフォーマンスドール 東京パフォーマンスドール

東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で新感覚エンターテインメント「PLAY×LIVE『1×0』(プレイライブ『ワンバイゼロ』)を公演中の東京パフォーマンスドール(通称TPD)が3月25日、同劇場でCDメジャーデビューお披露目を行った。曲は14年ぶりに復活の人気TVアニメ「金田一少年の事件簿R」のオープニングテーマ『BRAND NEW STORY』で、6月11日(水)にリリースされる。

東京パフォーマンスドール 公演情報

まずは、メンバー紹介ダンスパフォーマンス「WE ARE TPD!!」からスタート。切れ味抜群の9人各々の特徴をつかんだソロダンスから、全メンバーによる、フォーメーションダンスを披露。そしてリーダーの高嶋菜七がCDメジャーデビューを発表、新作衣装でデビュー曲を初披露した。浜崎香帆は「ひとりでも多くの方に届けたい。この曲は、仲間との絆や、新しい扉をあける方々に向けたメッセージソング。CDデビューの週にちょうどW杯が始まるので、サッカー日本代表の皆さんや、応援する日本国民の皆さんにも、パワーを送りたいです」とコメント。高嶋が「アニメの主人公・金田一一さんには名探偵の祖父がいて、私たちTPDにも篠原涼子さんなど偉大な先輩方がいらして、そういった点でも、TPDの名に恥じないよう、一生懸命頑張っていきたいです」とリップサービス交じりに、意気込みを語った。

さらに、昨年よりTVレギュラー番組で共演中の古田新太より、サプライズで応援メッセージが届いた。「私が、手塩にかけて育ててまいりました、東京パフォーマンスドールが、めでたくCDメジャーデビューの運びとなりました。苦節…半年(笑)。ようやく、ここがスタートラインということで。ここからが競争です。これからは、“あのグループや”“あのグループ”“そして“あのグループ”などとしのぎを削らなければいけなくなってきます。私も、“先輩プロデューサーのあの方”に負けないように、いろいろな卑怯な手を使っていきたいと思っています(笑)。キャンペーンはどこでも呼んでください。ダイエー、西友(SEIYU)、イオン(モール)、などなどいろんなところに行きますので」と、古田流の激励メッセージに、メンバーの小林晏夕は「他のグループというよりは、唯一無二のパフォーマンスグループを目指して、東京から全国、そして世界へ挑戦したい」と力強く宣言。さらに、櫻井紗季より「まだまだ未熟な私たちなので、様々な先輩たちからライブの極意を教わろうと、5月3日(土)から11日(日)にかけて9日連続、初の自主企画対バン『東京号泣ライブ@シブゲキ!! ~センパイ宜しくお願いします!~』を、ここCBGKシブゲキ!!で開催することになりました!」と、イベント情報が発表された。最後にリーダー高嶋より「先代同様に、伝説をつくれるように頑張ります。これから楽しいことや苦しいこといろいろあると思いますが、この9人で乗り越えていきたいと思います!!」と締めくくった。

TPDは4月12日(土)より、偶然にも古田新太のコメントどおりになった、千葉県のイオンモールから、初のミニライブ&特典会ツアーをスタートさせる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング