Cerevo、タブレット端末でUSBキーボードが使えるモバイルバッテリ「EneBRICK」、限定コラボモデルも

2014.4.1 13:16配信
EneBRICK

Cerevoは、USBキーボードをタブレット端末で利用できるBluetooth搭載モバイルバッテリ「EneBRICK」を、オンラインショップのCerevo Storeで4月上旬に発売する。また、PFUのキーボード「Happy Hacking Keyboard」とのコラボレーションモデル「EneBRICK HHKB Edition」を、4月上旬にオンラインショップのPFUダイレクトで発売する。税別価格は、どちらも1万2800円。

既存のUSBキーボードを、iPhone/iPadやAndroid搭載タブレットで利用できるモバイルバッテリ。Bluetooth 2.1+EDRに対応し、USBキーボードをBluetoothキーボードのように使用できる。

6000mAhのリチウムイオンバッテリを搭載し、スマートフォン用の外部バッテリとして使用できる。一般的なバッテリ容量のスマートフォンなら、数回程度のフル充電ができ、Cerevoでは、iPhone 5sを2回フル充電できることを確認している。

前部にはスライド機構で、5~10インチのスマートフォン/タブレット端末用スタンドとして使用できる。背面にはキーボードやスマートフォン接続用のUSBポート×2基、本体充電用のMicro USBポート×1基を備える。

当初は、Cerevoのウェブプラットフォーム「Cerevo DASH」で、クラウドファンディングによって購入希望者を募っていたが、大きな支持を得たことで一般販売を行うことにした。出荷にあたっては、「Cerevo DASH」での早期支援者から順次発送する。

キーボード利用時のバッテリ駆動時間は約18時間で、充電時間は約9時間。Bluetooth接続時の対応OSは、Windows 7以降、Mac OS X 10.2.8以降。また、Bluetoothに対応したiPhone/iPad/iPod touchシリーズやAndroid搭載端末で使用できる。サイズは幅124×高さ64×奥行き24mmで、重さは約215g。

コラボモデルの「EneBRICK HHKB Edition」は、本体上部に「Happy Hacking Keyboard」のロゴ「HHKB」の文字をあしらった限定モデル。

「EneBRICK」のクラウドファンディング期間中に、「Happy Hacking Keyboard」ユーザーから非常に大きな反響があり、またPFUからも高い評価を得たことからコラボが実現した。製品のスペックは通常モデルと同じ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング